「レーシングスーツ」の記事一覧

「レーシングスーツ」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

安全はケチるな! サーキットを走るなら「ド素人」でもFIA公認ギアを選ぶべき理由

高価なレーシングギアに付く「FIA公認」の意味 一見同じように見えるレーシングスーツやヘルメットなどのレーシングギアでも、じつは「FIA公認」の製品とそうでないものがある。サーキット走行をはじめとするモータースポーツを安...

続きを読む...

最初は「ジーパン」に「スニーカー」でOKはちょっと違う! 初心者こそサーキットで「本格装備」を纏うべき理由

レーシングスーツを始めとする安全装備 「ビギナーだからまだ早い」は大間違い! 初心者だからレーシングスーツやロールケージはまだ必要ない、という意見をサーキット初心者から聞くことがある。しかしそれは下手をすると生命に関わ…

続きを読む...

サーキットを走るときの規定「長袖&長ズボン」 肌が隠れていれば何でもアリ?

定期的に走るならサーキットスーツがベスト サーキット走行を楽しむには、さまざまな安全規定があり、服装についてもルールが定められている。一般的には、四輪用もしくは二輪用のヘルメット。レーシンググローブかメカニックグローブ…

続きを読む...

「4輪レース用レーシングスーツ」のススメ 作業ツナギやカート用との違いは?

レーシングスーツに求められる安全性 走行会などでサーキットを走るときの服装といえば、長ソデ&長ズボンというのが一般的な認識。しかし、あくまでも最低限の話で、本来であれば「レーシングスーツ」を使うのが望ましい。見た目がカ…

続きを読む...

サーキット走行の必需品!プロに聞いた「レーシングスーツ」を着用する理由

レーシングスーツは耐火性の鎧 近年はサーキットを走る走行会イベントが大盛況だ。参加型のモータースポーツも底辺を支えるエントラントが増加しており、モータースポーツファンとしては嬉しい限りだ。このような傾向になったのは「サ…

続きを読む...

ノイインテレッセ壮行会「ラリー界のレジェンド、篠塚建次郎がアフリカ参戦を発表」

2020年は優勝、70歳のベテランがリベンジを誓う3月5日、東京・江東区にて男性用レザーグッズを主に取り扱う「ノイインテレッセ 」の壮行会が行なわれ、同ブランドがサポートするSUPER GTドライバー数名や篠塚建次郎選手...

続きを読む...

軍手でもOK? サーキット走行時におけるグローブの基準とは

クラッシュ時のケガを軽減する装備 ショップやメーカーが主催する走行会からJAF公認レースまで、サーキットを走行する際は肌の露出がない服装することがルールだ。その基準はというと主催者によって異なるが、サーキット専用アイテム...

続きを読む...