サーキットを走るときの規定「長袖&長ズボン」 肌が隠れていれば何でもアリ?

サーキットを走るときの規定「長袖&長ズボン」 肌が隠れていれば何でもアリ?

定期的に走るならサーキットスーツがベスト

 サーキット走行を楽しむには、さまざまな安全規定があり、服装についてもルールが定められている。一般的には、四輪用もしくは二輪用のヘルメット。レーシンググローブかメカニックグローブ(軍手や指抜きタイプはNG)、レーシングシューズやドライビングシューズ、もしくは運転しやすい運動靴など。そして動きやすくて、肌を露出させない長袖・長ズボンといったところだ。

 これらでもし悩むとすれば、この長袖・長ズボンをどうするか。Gパンやタイトなパンツでは、動きやすいとは言いづらいし、ダブダブな服装や何かに引っかかりそうな衣装、滑りやすい素材も避けたい。できればストレッチ系素材のパンツなどの方が好ましい。

【関連記事】「ネット通販」の「過信」に忍び寄る悲劇! 「ヘルメット」購入時に気を付けるべき「意外すぎる盲点」

サーキット走行会に適した服装とは画像はこちら

 上半身は長袖なら何でもいいような気もするが、動きやすさを考えると、厚手のものはいいとはいえない。トレーナーやロングTシャツ、とくにサーキット走行は汗をかくので、速乾素材で伸縮性・撥水性に優れたドライTシャツだといいかもしれない。もちろん、理想はレーシングスーツ。公式レースに出場できるFIA公認スーツは、は耐火性素材のNOMEXなどを使用していて安全面ではベストと言える。しかし、価格的には高価で安くても7万円ぐらいはしてしまう……。サーキット走行会に適した服装とは画像はこちら

 そこでおすすめできるのは、いわゆるサーキットスーツと呼ばれる走行会用のスーツ。デザイン的にはレーシングスーツとほぼ同じで、素材も難燃性コットンなどを採用している。価格的には3万円代からあり、年に数回サーキットを走るという人だったら購入しておいて損はない。場合によってはレーシングカート用のレーシングスーツというのもアリだろう。サーキット走行会に適した服装とは画像はこちら

 ツナギなら作業用の布ツナギも5000円前後であるが、YシャツにスラックスやGパン、チノパンより動きやすく、いいかもしれない。また襟がある服だと、シートベルトが首に触れるリスクが減らせるためいざといときのリスクを減らせるメリットもある。サーキット走行会に適した服装とは画像はこちら

 いずれにせよ、安全面と機能面でいえば、やはりレーシングスーツかサーキットスーツが望ましい。専用のギアを身に着けることで、サーキットを走る集中力の面でもプラスがある。動画や写真を撮ったときの見栄えもいいし、定期的にサーキットを走る予定があるのなら、思い切ってレーシングスーツかサーキットスーツを購入してみてはどうだろうか。サーキット走行会に適した服装とは画像はこちら

 それともうひとつあると重宝するのが、フェイスマスク。例によってFIA公認のものだと高価(6000~7000円 耐火性は十分)だが、FIA非公認タイプだと2000~3000円ぐらいで購入できる。汗をかいても簡単に洗えるし、乾しやすいので、夏場は一枚あるといい。

画像ギャラリー