クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • 藤田竜太
  • 藤田竜太
  • モータリング ライター。現在の愛車:日産スカイラインGT-R(R32)/ユーノス・ロードスター(NA6)。物心が付いたときからクルマ好き。小・中学生時代はラジコンに夢中になり、大学3年生から自動車専門誌の編集部に出入りして、そのまま編集部に就職。20代半ばで、編集部を“卒業”し、モータリング ライターとして独立。90年代は積極的にレースに参戦し、入賞経験多数。特技は、少林寺拳法。

著者一覧 >

「電脳集団ブリッツ」がフルオート調整の車高調を開発! トヨタ「GRカローラ」はタイムアタック仕様にチューニング中

ブリッツ(BLITZ)の東京オートサロン2023のコンセプトは「踏襲と変革」。最新モデルのデモカー5台とともに、「電脳集団ブリッツ」らしく、減衰力調整を自動化した車高調キット「Spec DSC PLUS」のニューモデルなどを大々的にアピールしていました。

「レイズ」の新作ホイールは25本! なかでも注目は耐荷重値900キロの「ボルクレーシングG025LC」

2023年で創業50周年を迎えるレイズ(RAYS)は、大阪に本拠を構えるホイールメーカー。東京オートサロン2023には、25種類もの2023ニューモデルを持ち込んでいました。注目の新作ホイールを紹介します。

HKS製「幻のF1エンジン」が話題騒然! 創業50周年を迎えたHKSの「これまで」と「これから」

東京オートサロン2023の見どころといえば、HKSの「50thミュージアム」がでした。創業50周年を迎えたHKSのエンジンビルダーとしての足跡、レーシングチームとしての足跡、そしてこの先のカスタマイズを提案するHKSといったテーマの充実した内容を紹介しましょう。

世界初! カーボンを西陣織で織った「リバティーウォーク」ボディキットをまとった「GR86」誕生! 「ヴァレンティ」が「和」にこだわる理由とは

東京オートサロン2023でLED製品のパイオニア、ヴァレンティ(VALENTI)は「和」をコンセプトにしたブースを展開。トヨタ「GR86」と「86」のデモカーは、西陣織仕様のリバティーウォーク製ボディキットをまとった和テイストのカスタムで目立っていました。

最高速300キロを目指す新型「フェアレディZ」をトラストが開発中! ハコスカやS30Zの旧車部品も近々リリースする予定

東京オートサロン2023にてトラスト(TRUST)は2台の日産RZ34「フェアレディZ」のデモカーを筆頭に、新旧フェアレディZ用のパーツを数多く出展。旧モデル用パーツも続々と投入している理由を担当者に聞いてみました。

9000回転の高回転型「RB26DETT」エンジン!? 新型「フェアレディZ」から第2世代「GT-R」まで、HKSの最新技術を一挙紹介します

日本屈指のチューニングメーカー、HKSは1973年の創業で、2023年でちょうど50周年を迎えます。東京オートサロン2023ではメインブースとともに、HKSの歴史を彩るエンジンや実車をディスプレイ。今回は、メインブースデモカーと注目の新製品にフォーカスします。

「レーシングミク」と「西陣織」のシート登場! ブリッドが変わり種のシートをリリースする理由をお教えします

幕張メッセで2023年1月13日~15日まで開催された東京オートサロン2023。スポーツシートメーカーのブリッド(BRIDE)が持ちこんだ新製品のなかから、とくに注目のアイテムを紹介しましょう。「迷彩柄」、「レーシングミク」、「西陣織」がキーワードです。

新型「フェアレディZ/シビックタイプR」に画期的な可変マフラー誕生!「フジツボ」の最新テクノロジーとは

東京オートサロン2023にフジツボ(FUJITSUBO)は日産RZ34「フェアレディZ」、ホンダFL5「シビックタイプR」、トヨタ「GRカローラ」といった3台の最新車両のコンセプトカーを出展。そして画期的なエグゾーストシステム「VVV」をお披露目しました。
share:

ranking

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

ranking

MEDIA CONTENTS