「FIA」の記事一覧

「FIA」に関する記事の一覧ページです。AUTO MESSE WEBでは、自動車のカスタムやチューニング、キャンピングカーや福祉車等カーライフを充実させたい皆様への情報が満載です。

いまや5億円オーバー! 2億5000万円で25台だけ売られた究極のベンツ「CLK-GTR」のオーラがハンパない

この記事をまとめると 1997年のFIA GT選手権で圧倒的な戦績を残したレースカー ホモロゲモデルとして25台だけ公道バージョンが販売 ル・マン24時間では勝利に恵まれなかったが伝説を残した

続きを読む...

コロナ禍で中止の「ラリージャパン」! 2023年以降は豊田市が開催プロモーターに名乗りを上げる

この記事をまとめると コロナ禍の煽りを受け2021年のラリージャパンは中止 だが開催地の豊田市は運営主体として名乗りをあげる その目的は「町おこしとしてのラリー」

続きを読む...

実は「使用期限がある」ってホント!? 「ナマモノ」ばりに管理が大変な「レーシングギヤ」マメ知識

穴が開かなければ一生モノ? レーシングギヤの意外な寿命 サーキットを走るための装備。絶対に必要なヘルメットとグローブに加えて、スーツやシューズまで揃えれば結構な金額だ。これらのレーシングギヤに耐用年数はあるのか、そして…

続きを読む...

安全はケチるな! サーキットを走るなら「ド素人」でもFIA公認ギアを選ぶべき理由

高価なレーシングギアに付く「FIA公認」の意味 一見同じように見えるレーシングスーツやヘルメットなどのレーシングギアでも、じつは「FIA公認」の製品とそうでないものがある。サーキット走行をはじめとするモータースポーツを安...

続きを読む...

ジャガーEVだけで走るレース「アイ・ペースeトロフィ」 車いすの元GPレーサー青木拓磨が走り切る

アイ・ペースeトロフィ・レースはこれで終了 車いすのレーサーの青木拓磨選手は、電気自動車レース「JAGUAR I-PACE eTROPHY(ジャガー・アイ・ペースeトロフィ)」へ今季第3戦から参戦を開始しているが、そのシ...

続きを読む...

「4輪レース用レーシングスーツ」のススメ 作業ツナギやカート用との違いは?

レーシングスーツに求められる安全性 走行会などでサーキットを走るときの服装といえば、長ソデ&長ズボンというのが一般的な認識。しかし、あくまでも最低限の話で、本来であれば「レーシングスーツ」を使うのが望ましい。見た目がカ…

続きを読む...

未来のF1マシンは電気自動車? 7年目を迎える「フォーミュラE」レースの実状と展望

フォーミュラカーの「E」と「1」の違いとは 日本ではまだ開催されていない電気自動車レースのフォーミュラE選手権。今シーズンは例年のように、昨年末に開幕し10数戦をこなして7月に最終戦となるスケジュールで、初開催から6年目...

続きを読む...

軍手でもOK? サーキット走行時におけるグローブの基準とは

クラッシュ時のケガを軽減する装備 ショップやメーカーが主催する走行会からJAF公認レースまで、サーキットを走行する際は肌の露出がない服装することがルールだ。その基準はというと主催者によって異なるが、サーキット専用アイテム...

続きを読む...