実は「使用期限がある」ってホント!? 「ナマモノ」ばりに管理が大変な「レーシングギヤ」マメ知識 (1/2ページ)

実は「使用期限がある」ってホント!? 「ナマモノ」ばりに管理が大変な「レーシングギヤ」マメ知識

穴が開かなければ一生モノ? レーシングギヤの意外な寿命

 サーキットを走るための装備。絶対に必要なヘルメットとグローブに加えて、スーツやシューズまで揃えれば結構な金額だ。これらのレーシングギヤに耐用年数はあるのか、そして買い替えたほうが無難な目安を調べてみた。

ヘルメットの使用期限は10年

 まずはカテゴリーを問わないモータースポーツの必需品、ヘルメットの『使用期限』から説明しよう。クルマではバイクと違い転倒で強い衝撃が加わりにくいため、一生モノと考えている人が多いかもしれない。

【関連記事】「ドリフト禁止」のサーキットはなぜ増えた? 「騒音」だけじゃない一部のモラルの低さが原因でした

ヘルメット画像はこちら しかし見た目の変化こそ少ないものの、内部のパーツは確実に劣化が進行する。そのためJAF公認競技では製造から10年を経過したヘルメットは使用できず、仮に傷ひとつなくても未使用であっても買い換える必要があるのだ。一般のサーキット走行会や草レースなど、JAF公認競技じゃなければその規定は関係ない。ヘルメットの製造年月日画像はこちら

 ただしサーキットで見かける機会も多い『アライ』のヘルメットは、製品安全協会の被害者救済制度である『SGマーク』の有効期限、つまりヘルメットを着用してから3年を買い替えの目安としている。極端な高温や落下で内部の衝撃吸収材がダメージを受けたり、あごひもが外れかけたりしていれば3年が過ぎていなくても要交換。決して安い買い物じゃないので5~7年で買い替える人も多いが、メーカーが推奨するのは『使用開始から3年』と覚えておこう。