「ウェッズ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

美的センスを注入した鍛造ホイールブランド 「F ZERO」が衝撃デビュー

削り出し製法で高性能がより身近に 最新の技術力と高いデザイン性で多くの作品を生み出してきたホイールメーカー「Weds(ウェッズ)」。カスタマイズ&チューニングの各種シーンを網羅する幅広いシリーズ展開も魅力なのだが、同社は...

続きを読む...

ドレスアップ派に嬉しいホイールキャンペーン「万が一、破損しても無償交換します!」

LEONISシリーズならば1本無償で交換してくれる アルミホイールメーカー「ウェッズ」は、軽自動車からミニバン&SUVまでをカバーするオリジナルホイールブランド「LEONIS(レオニス)」の日頃の感謝を込めて『LEONI...

続きを読む...

「レオニス」のニューモデルが、幅広い車種でワンランク上のステージへと導く

先進技術を投入したTEとSVが放つ魅力とは「クルマを買ったらホイールを替えてみたい」。純正からの脱却(カスタマイズ)では、最も身近な人気の手法であり、その効果は非常に高いことはよく知られる。しかし、単純にデザインやサイズ...

続きを読む...

タイヤの空気圧不足をモニタリングして事故を抑制!軽自動車にも装着可能

軽自動車からキャンピングカーまで対応 どんなにクルマが進化したとしても、クルマと地面を繋いでいるのはタイヤのみ。そのため、タイヤにトラブルが発生すると走行不能になるだけでなく、場合によっては大事故になる恐れも少なくない…

続きを読む...

「マーベリック」には極上のホイールマッチングを可能とするメニューが存在する

オーダーインセットやブラックリム仕様は話題の新作ホイールでも実現可能に ホイールメーカー、ウェッズには「マーベリック」という2ピース構造を採用するブランドがある。先立っての東京オートサロンでは2019年モデルの2作を発表...

続きを読む...

カスタム効果はテキメン!! ホイールのリムをブラックに変えると風格は倍増しに

マルチピースだからこその注目アレンジ「ブラックリム」の効果は想像以上だったホイールメーカー「ウェッズ」は、ホイールを構成するリム部分をカラー変更できるオプションメニューを提案。千葉県・幕張で行なわれている「東京オートサ…

続きを読む...

ジムニーで履く間違いのない1本「マッドヴァンス」ならば純正タイヤの流用が可能に!

スタリッシュで力強くお財布にも優しいJB64専用サイズのニューモデル登場クルマをカッコ良くするにはどうすればいいのでしょうか。答えはカンタン、足元をドレスアップすればいいのです。これは新型ジムニー(JB64型)でも同様で...

続きを読む...

1 / 3123

ウィークリーランキング

  1. クルマ通ほど誤解している? 正しいエンジンの始動方法とは

    アクセルを踏みながらの始動は無用  かつて、ソレックスやウェーバーとい...

  2. 中古価格100万円未満!まもなく手が届かなくなりそうな国産車5選

    ネオクラシックな日本車がブームに  旧車ブームと一括りにしてしまうのは...

  3. もはや伝説の名車? たった1代限りで絶滅した国産スポーツカー5選

    中古市場では価格の上がっているモデルも  スポーツカーに限らず、名車と...

  4. ETCカードと車載器「エラーの原因とその対策」

    エラーコードの数値には意味がある、 主なトラブル7つはこう対処すべし!...

  5. 自動車のハイパワー化は悪だった「馬力規制で飛躍した昭和のクルマたち」

    規制突破に満ちた高度経済成長期  日本では、2004年まで国産車には「...

  6. バブルの象徴!ハイソカーブームなど20世紀を牽引したトヨタ車3選

    50代以上の人たちが青春時代に憧れたクルマ  4月5日に千葉県の幕張メ...

  7. 嗚呼、懐かしのクルマ文化「昭和に流行ったカスタム&スタイル」6選

    現代では新鮮に映る当時モノ  クルマに限らず、ファッション、髪型、食べ...

  8. インチアップしたクルマのタイヤバースト事故が多い理由

    低偏平タイヤは空気の量が少ない タイヤバースト事故の原因で、ランキング...

  9. 派生モデルも存在した「ルパン三世が愛した旧フィアット500って?」 

    非力でも必要にして十分なパフォーマンス  個人的な趣味趣向を押し付ける...

  10. SCOOP!ホンダ「次期N-WGN」公道テストをキャッチ!偽装で隠されたデザインを徹底検証

    次期モデルも標準仕様とカスタムの2タイプ  自動車メーカーは、新しいク...