「メーカーワークス>スポーツ」の記事一覧

さらに車種で絞り込む:

SUBARU「レヴォーグ STIスポーツ」を世界初公開! 上質なスポーティを全身でアピール

発売当初からグレード選びに悩みそう 千葉県・幕張メッセで開催された東京オートサロン2020のSUBARU/STIブースにおいて「レヴォーグ プロトタイプSTI Sport」がワールドプレミアされた。”STI ...

続きを読む...

シートベルトは乗員を守る命綱! 「メルセデス・ベンツ」は1950年代から乗員の安全を追究

世界一の安全性を求めて最も重視した安全装備 クルマの事故が起きた際、乗員の安全を如何に守るか。セーフティファーストであり、乗員を守る命綱「シートベルト」が大切なのは周知の通りです。その歴史を遡ると、1951年にメルセデス...

続きを読む...

FF最速の奪還へ! ホンダ シビックタイプRの改良モデルを公開【東京オートサロン2020】

走る・曲がる・止まるをアップデート 千葉県の幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2020」のホンダブースにて行なわれたプレスカンファレンス。シビックシリーズのセダン/ハッチバックとS660のマイナーチェンジ車両な...

続きを読む...

クラウンからコルトまで! 1950〜60年代の黎明期に世界舞台を開拓した日本のラリーカーたち

島国から厳しいラリーの世界へ先陣を切る 日本における近代モータースポーツの始まりは、鈴鹿サーキットで第1回日本グランプリが開催された1963年というのが通り相場となっています。一方ラリーに関しては、鈴鹿サーキットが建設さ...

続きを読む...

悲しき真実、カルロス・ゴーン被告の影響を受けたクルマには名車が多かった

日産にとっては救世主だったのか『ノストラダムスの大予言』によると恐怖の大王が降ってくる予定だった1999年、日産自動車はフランスの自動車メーカーであるルノーと提携。2兆円あまりの有利子負債を抱えて倒産寸前だった日産自動車...

続きを読む...

アメリカ車でよく耳にする「マッスルカー」ってどんなクルマ?

いかにもアメリカらしい豪快な発想 スポーツカーにスーパーカー、ハイパーカーやホットハッチ、ライトウェイトスポーツなどなど、スポーツ性能に優れ、スポーツドライビングを楽しむことを目的にしたクルマの呼び名は、そのクルマの性…

続きを読む...

次世代高速通信“5G”時代到来! 未来のクルマの「安全」や「自動運転」など技術進化に期待

音楽や動画を楽しむだけじゃない「5G」のメリット 今、何かと話題になっている通信技術が「5G」だ。5Gの“G”はGenerationの頭文字で、日本語で言うと「第5世代」目の通信技術を指す。世界的にも次世代の通信技術とし...

続きを読む...

FCAヘリテージHUBで出会った! カルロ・アバルトが所有した「2400クーペ・アレマーノ」に試乗

FCAヘリテージHUBのアバルト2台に乗った アバルト・ディズの取材や、695セッタンタ・アニヴェルサーリオに試乗したりするために伊ミラノに出向く数日前、僕はトリノのミラノフィオーリにある「ヘリテイジHUB」にお邪魔して...

続きを読む...

1 / 18123...10...»