大阪オートメッセ「菅原文太」の愛車“一番星号”が電飾を光らせ甦る! (1/4ページ)


映画「トラック野郎」に登場した
デコトラが40年ぶりに完全復活!

2月12日(金)〜14日(日)に大阪市インテックス大阪で開催される「大阪オートメッセ」に、映画「トラック野郎」で菅原文太氏の愛車となったど派手な電飾を備えたトラック”一番星号”が、4号館のトラック魂(スピリッツ)ブースに登場する。

一番星号
一番星号

映画「トラック野郎」の「一番星号」とは

1975年から1979年にかけて製作及び配給された、映画『トラック野郎』。奇才かつヒットメーカーであった故・鈴木則文氏が監督を務めた『トラック野郎』は、菅原文太氏愛川欽也氏が見事なコンビネーションを披露し、瞬く間に大ヒットシリーズとなった。

トラック魂(スピリッツ)では、vol.19で菅原文太氏、vol.24で愛川欽也氏の追悼特集を掲載。さらに現在販売されているvol.32では、復活を遂げた「一番星号」の小冊子を付けている
トラック魂(スピリッツ)では、vol.19で菅原文太氏、vol.24で愛川欽也氏の追悼特集を掲載。さらに現在販売されているvol.32では、復活を遂げた「一番星号」の小冊子を付けている

一作目の「御意見無用」では、Tシリーズのふそう(廃車輛を譲り受けたもの)が一番星号のベース車輛となり、関係者も驚くほどの好成績を記録。そのため、続編の製作決定を受けた二作目の「爆走一番星」からは、一番星号のベース車がふそうのFU型(新古車)へと改められた。
二作目以降、車輛自体はそのままで、飾りや箱のペイントを変更しながら10作目の「故郷特急便」まで、同車は星桃次郎の相棒として活躍したのである。