「恐怖!」ナットでホイールが削れていく


ナットの角がホイールを削ってしまう

ホイールを固定するさまざまなタイプのナットが販売されているが、締め込んでいく際にホイールの座面を傷付けているケースがある。とくに締め付けトルクが大きいインパクトレンチを使用すると、締めすぎてナットがホイールに食い込んでしまうのだ。

さて、下の写真でもっとも優れたナット?そしてもっともダメなナットは?

DSCF0467一般的なナット。左の二つは手頃な価格でもっとも流通しているタイプだろう。先端がテーパー状(先細り)になっている。中央二つはナットも先端がテーパー状になっているが、十字レンチが当たる部分から先がキノコのような形状でエラが張っている。(ともに左側が貫通ナット、右側は袋ナット)。右端は、トヨタ車に使われているナット。先端がストレートで、ワッシャー付きだ。

結論からいうと、もっともダメなナットは左二つ。もっとも優れているのが右端だ。
その理由はというと、先端の形状にある。右端のトヨタ車用は、ワッシャーが付いているとこもホイール用のナットとして優れている点だ。DSCF0509

 

左がダメなナット。赤い矢印が指している六角レンチを掛ける部分の角が丸くなり、キズが付いている。
一方、先端がキノコのようにエラが張っているナットは、青の矢印が指している部分までしかキズがない。
それぞれホイールにナットを締め込んだときにできるキズで、どこまで深く入っているかがわかる。

左のダメなナットは、締め込んでいくとホイールにドンドン食い込んでいって、六角部分の角でホイールを削ってしまう。一方、先端がキノコのようにエラの張ったナットは、締め込んでも一定のところで停まり、ホイールを削ることもない。

そもそもインパクトレンチを使用すると、ナットの締め込みすぎる傾向にある。ダメなナット+インパクトレンチの組み合わせは、もっともホイールを傷付けてしまうわけだ。
ホイールナットを締めるときは、十字レンチで手締めすることをオススメする。

タイヤホイールのドクター・バランスを謳う京葉サービスの阿部氏によると
「締め付け規定トルクは、新品ナットとスタッドボルトでの話。何度もホイールを取り外ししていると、当然のことながらネジピッチは広がってきます。つまり、規定トルクで締めても緩いこともあります。職人は、そのヘタリ具合を十字レンチのしなり具合で判断して、最適な取り付けをする」と語る。
DSCF0475上の写真は、右がナットの締め込みすぎでキズが付いたホイールのテーパー。左は未使用部。ホイールが削られ、さらにテーパー部が傷んでいるのがわかる。

一般的なテーパーナットを使用している場合、少々価格は高くなるかもしれないが、先端がキノコ状でエラの張ったタイプを選ぶべきだ。

ハードな走行をすると、ブレーキからの熱などがハブからスタッドボルトを通じてナットへと伝わる。スタッドボルトはスチール製で、一般的なスチール製ナットは、材質が同じなので熱膨張率はほとんど変わらない。
しかし、アルミ製ナットは膨張率が異なるから、ナットとスタッドボルトのネジピッチ・クリアランスが異なった変化をする。つまり、ネジの掛かりが緩くなる可能性があり、大きな力(横G)が掛かったときに外れたり破損したりする可能性もあるわけだ。サーキット走行をするユーザーは、スチールナットのほうが良いだろう。

 

ワッシャーが面でホイールを固定するストレートナット

もっとも優れていた先端がストレートなナットは、締め込んでもホイールに食い込まない。
DSCF0502さらに、ナットを締め込んだとき、ワッシャーつぶれてがホイールを面で押さえるため圧力が均一にかかる。一般的なナットもテーパーの角度とホイールの角度は同じだが、面全体では接触しにくい。

DSCF0508上の写真は中央のトヨタ用のナット以外に、左のテーパーナットや右のスタッドボルトでも接触面にワッシャーと同じようなパーツが使われているタイプがある。

テーパータイプでも、ワッシャー部がホイールに接触したところから締め込んでもホイールを傷付けにくい。さらに締め込んでいけばワッシャーがつぶれて面接触するので、均一にトルクがかかりホイールを安全に固定できるわけだ。

まさに、たかがナット、されどナット。侮ってはいけないパーツなのである。

(取材協力:京葉サービス TEL03-3698-4733)

【関連記事】