「免停」1回でグッと「取消」が近づく免許点数制度 (1/2ページ)


前歴ナシなら減点「6」で30日の免停で済むが
1年以内「4点以上」の違反で「即60日免停」

クルマは運転免許がないと運転できないが、交通違反を繰り返すと、その免許の効力が一時停止処分になる、いわゆる「免停」や、「免取り」(免許取消)になるのはご存じの通り。

過去1年以内に、一度も交通違反で捕まったことがなく=減点「0」、免停の前歴(回数)も「0」の場合、違反の減点が累積で6点を超えると免許停止となる。I7GM1225

もちろん、累積減点「0」、前歴「0」でも、アルコール濃度が0.25mg以上の酒気帯び運転で捕まれば、問答無用で一発免許取り消しとなる(減点25)。それ以下の酒気帯びでも、最低14点の減点。累積点数がなくても免停90日だ。

交通違反等の点数一覧表

減点・前歴は、1年間無違反で過ごせば、減点「0」、前歴「0」にリセットされる。
過去2年間、無違反だった人は、最初の軽微な違反(3点まで)に限り、違反日から3ヶ月で0点に戻る優遇処置がある。
免許停止などの「行政処分」を受けた場合は、違反日からではなく、免許停止期間が明けた日から1年後となるので要注意。
ときどき、免許の書き換え(更新)や誕生日が来れば、違反日(行政処分明け)1年未満でも、減点・前歴が「0」に戻ると思っている人がいるが、それは大きな誤解だ。D3E_2160