【アマチュア写真家限定】モータースポーツ写真コンテスト開催!


グランプリ作品はJRPA写真展で展示
賞品はなんと「キャノンEOS 7D」

日本レース写真家協会(JRPA)がアマチュアフォトグラファーを対象とした「モータースポーツ写真コンテスト」を開催する。
2016年に開催された2輪、4輪すべてのモータースポーツを一般観戦エリアから撮影した未発表の作品が対象。応募期間は11月1〜末日までとなっている。

jrpa_001

日本のモータースポーツシーンを撮影するプロ写真家の団体がJRPAだ。
ここが主催するモータースポーツ写真コンテストに参加できるのは、アマチュア写真家がモータースポーツの一般観戦エリアから撮影した未発表写真だ。

12月末にグランプリ1名が発表され、賞品として「キャノンEOS7D markII・EF-S18-135 IS USM レンズキット」が用意されている。
さらに入賞作品は、12月以降にJRPAが開催する写真展で展示される。つまり、モータースポーツの第一線で撮影をするプロフォトグラファーの作品と一緒に飾られるわけだ。
それだけでも十分な栄誉と言えるだろう。

<応募方法>

  1. DVDまたはCDに焼いた、A3のびサイズにプリント前提の作品データー(JPG・長辺3000PIX以上)
  2. A4サイズの色見本プリント
  3. 応募票(JRPAホームページからダウンロードして下さい)

募集期間:2016年11月1日〜11月末日
発  表:2016年12月末日にJRPAホームページで発表

日本レース写真家協会(JRPA)事務局 TEL03-5575-8543 http://www.jrpa.org/

【関連記事】

モータースポーツの感動を伝える1カットに出会える「写真展」開催!モータースポーツの感動を伝える1カットに出会える「写真展」開催!