燃料代を4割カット!究極にエコなプリウス発見!


安価なLPガスを搭載する燃料タンクを追加
ガソリンとの併用で航続距離は1600km!

30型プリウスのエンジンをガソリンとLPガスの2つの燃料を使えるバイフューエル方式を採用し、究極のエコカーといえるトヨタ・プリウスを「ケイテック」が製作した。もちろんモーター駆動もそのまま備えている。
じつは、このクルマ。自動車雑誌”WAGONIST”で取材したエアロパーツなどを販売する「アバンツァーレ」のデモカー。ドレッシーにキメたクルマがエコなバイフューエル仕様なんてのもツウである。「ケイテック」の『LPガスハイブリッド』は、ガソリンエンジンをベースにLPガスも燃料として使えるようにしたシステム。
つまり、ひとつの内燃焼機関(エンジン)に複数の燃料(ガソリンとLPガス)を用いたバイフューエル方式なのだ。

バイフューエル方式にするメリットは、店頭売りで1リットルあたり80円前後と安価なLPガスを使えること。また、ガソリンとの併用により、航続距離をイッ気に伸ばすことができる。LPガス燃料タンク、燃料インジェクター、点火時期を調整するCPUを追加するだけでシンプルにバイフューエル車にできる。写真の30型プリウスでは、1回の補充(ガソリン約40リットル/LPガス約40リットル)で1600kmを余裕で走破できるそうだ。

04燃料タンクは床下に収納する仕組みで、荷室を犠牲にする心配もなし。
燃料コストの削減(約4割)ができるうえ、パワーもガソリン車と大きく異ならない。さらに有害物質の排出を抑えられるなど、数多くのメリットがあるそうだ。

09エンジン始動時はガソリンを使用し、暖気後にはLPガスに自動で切り替わり走行。LPガスがなくなっても自動的にガソリンに切り替わるという仕組みだ。LPガスの残量を確認や、燃料の切り替えは室内でできる。

ちなみにLPGの注入口は、プリウスではリアバンパーの左側面。フタを開けるとLPガス用の注入ノズルが顔を出し、正真正銘のバイフューエルってことがわかる。

なお、LPGハイブリッドの価格は、30型プリウス用が39万8000円。取り付け工賃は約15万円ほど。タクシーや軽貨物など、走行距離の多い法人からの発注が中心だが、長距離通勤といった個人ユーザーからの依頼も増加中だという。
現在、プリウスやハイエース、プロボックス、ノートなどにも『LPガスハイブリッド』を設定する。

ケイテック TEL0120-596-883 http://k-techcorp.com/

【関連記事】