46万kmスカイラインGT-R・長く乗り続けるための401馬力仕様【BNR32不定期連載7】 (1/4ページ)


HKSタービン仕様としては控えめなパワー
長く乗るためにエンジンの負荷を軽減

ワンオーナーで46万kmを走行した平成3年式日産R32型スカイラインGT-R。
クルマの寿命が延びたとはいえ、自家用車で46万kmを走行した個体はなかなか存在しないはずだ。しかも、それがスポーツカーであるスカイラインGT-Rとなれば驚き。
しかし、この個体のオーナーは、さらなる距離をオドメーターに刻むためにエンジンをオーバーホールを敢行。ナラシ運転を終わらせ、いよいよ最終的なにエンジンセッティングを施す。

搭載するRB26DETT型2.6リットル直6ツインターボエンジンは、鍛造ピストンを組み込み、タービンはHKS製に交換。最高出力は401psを記録した。
ノーマルの280psから121psもパワーアップしているが、タービン交換仕様としては控えめな出力としてのは、ストリートでの乗りやすさと、さらなる10万km、20万kmをオドメーターに刻めるようにする耐久性を考慮したからだ。gt-r