大阪オートメッセ アーム&フロア加工で魅せる着地系Y32シーマ

大阪オートメッセ アーム&フロア加工で魅せる着地系Y32シーマ

「ガレージASP」がノンエアで挑む極限車高短

「ココまで下げているんだから、車高調じゃなくエアサスに違いない」と考えるのは当然だろう。

【関連記事】【オートモビルカウンシル2020】開催日時を7月31日〜8月2日に変更

9I2A1446画像はこちら

しかし驚くなかれ、「ガレージASP」が製作したこのシーマは、なんと車高調整式サスペンションによるローダウンなのだ。とはいっても、アームやフロアを含め加工のオンパレード。車高調整式サスペンションそのものもワンオフだし、Tディメンドのアームもそのまま使うのではなく、一部に加工が施されている。9I2A1454画像はこちら

低さにばかり目を奪われるが、鉄板のブリスターフェンダーもタダ者じゃない。プレスラインの変更などで自然に見えるかもしれないが、リヤは12Jのホイールに285幅のタイヤという組み合わせ。灯火類のカスタムも抜かりはなく。9I2A1461画像はこちら

ヘッドライトはクリスタル加工にワンオフのリフレクターを移植、テールランプはクリスタル加工にフルLEDの贅沢な作りとなっている。9I2A1456画像はこちらインテリアやオーディオなど他の部分も見どころ満載であった。

内装はホワイトとブラウンを基調に、レザーとエクセーヌですべて張り替え済み。アルパインを軸としたオーディオシステムも必見。9I2A1447画像はこちら

【関連記事】

画像ギャラリー