バッテリーのサイズを変えずに容量アップできる! (1/3ページ)

バッテリーのサイズを変えずに容量アップできる!

バッテリーの品番を正確に理解していますか?

近年は自動車用バッテリーとして、リチウムイオンバッテリーやドライバッテリーといった軽量タイプが出てきている。性能が高いのは魅力だが、価格が高いのと取り扱い(バッテリーあがりの対応など)が難しい。

そのような理由もあって、扱いが容易で安価な鉛バッテリーの人気は高い。
また、最近はアイドリングストップ車やハイブリッドカーが一般的となり、従来にはないタイプのバッテリーが登場している。まずは、バッテリーの品番の見方、正しいバッテリーの選び方を検証してみよう。

【関連記事】「乗り降りがラクで便利なクルマ」感覚でOK! 「普通車戻し」も可能なイマドキ福祉車両事情

DSC_0027画像はこちら

下は、一般的な国産車用バッテリーの表記。交換するときとくにチェックするところは、サイズと+端子の位置だ。アルファベット(以下はBに相当)と二桁の数字(同19)がサイズ、最後のアルファベットが+端子の位置を表記している(Rは右側、Lは左側)。

2a831ec055ed4fee4e1d0936ea40500d画像はこちら5621deba8a18b839c7a4321764bb05e82画像はこちら

 

短側面サイズ箱高さ
A127162
B129(127)203
C135207
D173204
E176213
F182213
G222213
H278220

画像ギャラリー