「ドライブレコーダー」を選ぶ8つのポイント (2/2ページ)

ポイント5「画質補正機能=HDR機能はほしい」

クルマを走らせていると、昼夜、逆光、トンネルの内外と、明るさが大きく変わることがある。どんな明るさでも、鮮明な画像を記録するためには、HDR機能付きのドラレコを選ぶのが重要だ。

ポイント6「LED信号対応モデルを選ぶ」

万一事故などが起きてしまったとき、信号が何色だったかは重要な情報だ。一世代前のドラレコだと、LED信号の光が写らない場合もあるので要注意。現行型ならほぼLED信号対応モデルだが、一応購入時に確認すること。

ポイント7「Gセンサー付モデルがおすすめ」

Gセンサー内蔵型のドラレコは、急ブレーキなどの衝撃による車輌の姿勢変化にあわせて、その前後の一定時間を記録。データの上書きもせず、記録を残しておくことができるので、いざというとき重宝する。

【関連記事】可愛らしさを際立たせたデザインの「日産 Be-1」が5センチのトイになって再登場

Drive-recoder_18画像はこちら

 

ポイント8「セキュリティの強化になる監視モード」

駐車中の映像を記録しておいてくれる監視モード付のドラレコなら、防犯対策にも非常に有効。おすすめのオプションだ。Drive-recoder_24画像はこちら

さて、こうした機能/性能のなかでも、とくに重視したいのは、

・フルHD画質
・Gセンサー内蔵
・GPS受信

の3点。
これからドラレコを購入するなら、最低でもこの3条件はクリアしている製品なら間違いなしだ。

 

画像ギャラリー