クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB

クルマを文化する
REAL CAR CULTURE

AUTO MESSE WEB(オートメッセウェブ)

  • TOP
  • コラム
  • 「スカイライン」のサーフィンラインとワゴンの歴史
コラム
share:

「スカイライン」のサーフィンラインとワゴンの歴史

投稿日:

TEXT:

ワゴンにもサーフィンラインを採用
最後のワゴンはR31型スカイライン

上記のハコスカ、ケンメリのワゴンと、ジャパンのワゴンには、サーフラインはくっきりとみられる。
ちなみにR30型はエステートとハッチバックをラインアップし、スカイライン・ワゴン(バン)はR31型で終了した。

C10型スカイライン エステートワゴン

C110型スカイライン・ワゴン。ラゲッジのサイドウインドウが存在せず、太いピラーになっている

C110型スカラインワゴン

R30型スカイライン・バン。エステート(ワゴン)もあった

R30型スカイラインには5ドアハッチバックを設定

スカイライン史上最後のステーションワゴンはR31型

R34型スカイラインでサーフィンライン復活

R34型スカイラインのクーペボディでは、このサーフィンラインが蘇ったとスカイラインファンには認識されている。
だが、R32型スカイラインGT-Rのブリスターフェンダーも、サーフィンラインの面影があるとかないとか言われている。

長年愛されてきたスカイラインだけに、その名称と伝統と個性は、大事にしてもらいたいところ。
普通のスポーツセダンなら、「スカイライン」でなくてもいいのでは??

(レポート:藤田竜太)

【関連記事】

 

123
すべて表示


 

 

 

RECOMMEND

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS


 

 

 

MEDIA CONTENTS

WEB CONTENTS

AMW SPECIAL CONTENTS