TRDが新型クーペ「レクサスLC」用エアロキットをリリース


レーシングテクノロジーを
惜しみなく投入したエアロ

トヨタのワークスチューニングブランド『TRD』が、3月16日に発売されたレクサスLC用のエアロキットをリリース。開発コンセプトは、『Aerodynamic Control』『Total Balance』。
LC用として「レースの興奮を予感させ、ドライバーとしての本能をたぎらせる」をキーワードに開発する。

LC用EXTERIOR PARTS(TRD)は、シンプルかつ空力性能をのトータルバランスを高めたエアロパーツと機能性とデザインを融合させた21インチアルミホイールを設定する。

エアロパーツはフロントスポイラーとサイドスカート、リヤディフューザー&サイドスポイラー、リヤスポイラーで構成。
上の写真は『BLACK EDITION』と称した新しいツートーンスタイル。
ボディ同色の設定も用意する。

ホイールは21インチ鍛造1ピース。セキュリティナットも用意されている。なお、全製品パーツを装着してから3年または6万kmの保証付きだ。

フロントスポイラー塗装済み¥140,000
未塗装¥134,000
ブラックエディション¥140,000
サイドスカート塗装済み¥110,000
未塗装¥104,000
ブラックエディション¥110,000
リヤディフューザー&
リヤサイドスポイラー
塗装済み¥140,000
未塗装¥134,000
ブラックエディション¥140,000
リヤスポイラー塗装済み¥90,000
未塗装¥84,000
ブラックエディション¥90,000
21インチ鍛造アルミホイール1本¥163,000
セキュリティロックナット¥32,000

※価格はすべて税別

TRD http://www.trdparts.jp/

【関連記事】