[連載] ミニバン&ワゴンのトレンドをユーザーカーで振り返る【2007〜2008年編】 (2/2ページ)

2008年[平成20年]

↓ODYSSEY↓
当時すでに絶版だった”ロリンザー”のホイールにひと目惚れ。
このクラシカルなフォルムと初代ホンダ・オデッセイとのコンビは、玄人ウケする上級オーラを放つ。

【関連記事】「ワゴンR」をアルファ ロメオDTM風に! 90年代に流行った「ちっくチューン」とは

画像はこちら 画像はこちら

 

↓ist↓
前置きインタークーラーに大型ダクトが目を惹くトヨタ・イスト。
オレンジパールのボディカラーとガルウイングで、当時の最先端スポコンを具現化した。画像はこちら 画像はこちら

 

↓FIT↓
ホンダ・フィットでプレミアムスポーツ化を実践。
絶妙なラインで描かれたツートンカラーもさることながら、注目は立体的なリヤドアまわりのパネル造形。いま見ても斬新すぎる1台。画像はこちら

↓ESTIMA↓
プレミアムなスポーツスタイルを具現化したトヨタ・エスティマ。
ガンメタのボディカラーに「AME」のホイール、ナナメ出しのマフラーもうまくハマった。画像はこちら 画像はこちら

【関連記事】