マークXの存在感をアップするエアロキット


孤高のセダンに与えたフルバンパーエアロキット
ワイドフェンダーも設定されワイド感がアップ

セダンドレスアップのイベントシーンで目にすることは少ないが、実は街中でトヨタ・マークXをよく見かける車種だ。それだけにドレスアップベースとしての潜在需要は高いはずだが、如何せんパーツが少ない。
「センスブランド」は、そんな現行型トヨタ・マークX用のエアロキットをリリースした。マークX

2009年に登場した現行型となる130系マークXの前期型となれば中古車価格もこなれてきた。今こそまさに、VIP的には旬なセダンだ。
そう考えた「センスブランド」は、この度130マークX前期用の『センセーション』シリーズのエアロキットを発表した。マークX

ポイントはいくつかあるが、一番注目したいのはサイズ感だ。
VIPセダンオーナーにマークXが敬遠される理由の一つに、コンパクトなボディサイズが挙げられる。
そこで『センセーション』ではバンパーを約40mmほど延長。フロントにおいてはグリルの角度も純正よりスラントを強めて、押し出しの強いシルエットを強調している。エンブレムレスのグリルはメッキモールとして高級を醸し出す。

「下側へも30mmほどボリュームアップ。存在感の向上と走りやすさを両立する、ギリギリを狙っています」とセンスブラッド広報の中澤サン。

マークX『センセーション』シリーズのお馴染みパーツである交換型フロントフェンダーキットも、プラス10mmのワイドに設定。これによって深リムのホイールが装着可能になる。
切れ味鋭いダクトはマークXのスポーツ性を高めつつ、ワイド&ローなVIP的シルエットにも貢献する。

マークX マークX

フロントはグリルまわりをスピンドル形状に。X型ラインはマークXにドンピシャの造形だ。凹凸により新鮮さを増したリヤまわり。前期型とは言え現行車らしい仕上がりとなる。

マークX高級感を高めるメッキモールと迫力のツインフォグは、シリーズの特徴。

マークX

サイドステップ後方にはダクト&フィン。ここも従来より深さが増し、より高品質な仕上がりになった。

マフラーは120φデュアルがジャストフィットする。デモカーはチタン色が美しいマフラーカッター『グラヴィス』を装着する。

リヤウイングはクオーターピラーまでかかる中振りサイズで、しっかり存在を主張する。

全体的にはボリュームがあるが、ボトムはウチ巻きを強めスマートにしたリヤまわり。キレ感を増したフィンの上には、凹凸面も設計された。

SENSETION for 130MARK X (~mc)

フロントバンパー(特製マウントプレート付属)¥82,080
サイドステップ¥69,120
上記3点キット¥205,200
リヤウイング¥41,040
フォグランプ(4個)¥31,320
フロントグリル¥41,040
フロントフェンダーキット(片側10mmワイド)¥82,080

マークXのエアロを販売するセンスブランド TEL0467-38-7432 http://www.sensebrand.jp

(レポート:VIPスタイル編集部)

【関連記事】