「オービス」と「Nシステム」の見分け方と設置目的のちがいとは!? (1/2ページ)

「オービス」と「Nシステム」の見分け方と設置目的のちがいとは!?

スピード違反を取り締まるのが「オービス」
「Nシステム」はナンバー読み取り専用機

道路にあるカメラは、通り抜けるクルマを監視しているのはご存じの通り。
あちこちに存在するなかでも我々ドライバーに関係するのが、『オービス』と『Nシステム』だ。前者の『オービス』は「自動速度違反取締装置」のこと。通過した車両が制限速度を超過した場合、写真を撮って記録するというもの。
写真からナンバーを割り出し、呼び出しが後日来て、出頭したところでキップを切られる。気になるのは、何キロオーバーで光るのかってこと。

【関連記事】次期GT-Rへの布石か? 量産EVの先駆け「リーフ」がスポーティな「ニスモ」と「オーテック」をあえて用意する理由とは

オービス画像はこちら
そこそこのスピードで通り抜けたときは、「もしかしたら光っていたかも」と心配になることも。確実なことはいえないが、これまでの経験などからすると”赤キップ”になる速度が目安だ。警察もひまではないというか、人手不足なので青キップ程度の違反者を呼び出す余裕がないのが現実である。オービス画像はこちら

 

オービスが光る超過スピードの目安は!?

オービスが光る速度は、一般道で30km/h以上、高速道路で40km/h以上が目安。道路によって異なるが、どちらも6点減点以上となり、つまり一発免停に加えて刑事処分扱いとなる。
反則金というカタチではなく裁判を受けて罰金となってしまう。納める金額は、5万円以上になるだろう。なお、自宅に通知が届けられるのは、オービスを光らせてから10日〜1ヶ月程度と言われている。
ちなみに、「光った気がする」というのは、だいたいの場合は光っていないことが多い。光らせたことがある方ならわかるだろうが、”パチン”といった感じで結構な明るさとなる。夜間は、目の前が真っ赤になるほどで、確実にわかるレベルだ。
あと「光った気がする」は、Nシステムに内蔵する赤外線ランプも原因かもしれない。

【関連記事】次期GT-Rへの布石か? 量産EVの先駆け「リーフ」がスポーティな「ニスモ」と「オーテック」をあえて用意する理由とは

オービス画像はこちら

電波を発しないLHシステムは
レーダー探知機が反応しない

種類についてはいくつかあって、昔ながらのタイプが”レーダー式”と”ループコイル式”だ。
縦長なボックス形状で、路肩に設置しているので発見しやすいだろう。これらの旧式はフィルムを使っているので、現在は稼働していないことも多いそうだ(撤去しないのは抑止力のため)。画像はこちらそしてこれらをデジタル化したのが、HシステムとLHシステムで、最も普及しているタイプ。前者がレーダーを当てて速度を計測する”レーダー式”、後者は路面に埋め込まれたふたつのセンサーを通過する時間で測定する”ループコイル式”となる。レーダー部分がなくて、路上にあるのはカメラのみ。なお、LHシステムは電波を発しないため、昔ながらのレーダー探知機は反応しない。オービス画像はこちら

 

もちろん安全運転が基本だが、LHシステム対応のGPS搭載レーダー探知機を購入したい。
ちなみに撮影ポイントには車線中央の路面に白線が敷かれている(下の写真で微かに写っている手前の白線)。
画像はこちら

画像ギャラリー