懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ (1/2ページ)

懐かしく新しい! 「ダサかっこいい」復刻ホイールのススメ

往年の名作が復活ラッシュ!!
いまのクルマに履くべき”古き良き”5本

ホイールといえば、スポーク、ディッシュ、フィン、メッシュの4パターンを基本に、デザインも多種多様。そして近年では、このアフター系ホイールの一部新作に異変が起こっている。”名作の復活”。
「フォーミュラメッシュ」、「エクィップ」、「シェブロンレーシング」……、これらの名前を聞いて懐かしいと感じた人も多いはず。そう、これらのクラシックモデルが相次いで蘇っているのだ。

*掲載サイトによっては画像などが正しく表示されないことがります。その際は本サイト(http://www.automesseweb.jp)をご覧ください。

【関連記事】高齢者でも「安全&エコ」に運転できる! ぜひ標準装備してほしい「機能」7つ

フォーミュラメッシュ SSR画像はこちら

【SSR フォーミュラメッシュ】

デビューは1981年。そこから20年間、チューニングシーンの最前線で活躍し続けた「SSR」の銘機、『フォーミュラメッシュ』が復活したのは2014年。
目の細やかなメッシュデザイン、センターに大きく刻まれた星形シルエット、当時のままのディスク表面処理、そして存在感を発揮する段リム……。当時を知るベテランには懐かしく、絶盤以後にカスタムをはじめた人にとっては新鮮なクラシカルデザインに映る。
10余年の時を経て復活したホイールが放つオーラは、クルマのムードを一変させるほど強烈だ。

「スピードスター」シリーズにラインアップされるマークI、II、IIIに続くクラシックモデルは、イマドキのデザインチューニングはもちろん、切削などの現代的な表面処理さえを拒み、当時の意匠のままに復刻された。
開発者に聞けば、「ターゲットは流行りのネオクラやスタンス系向けではなく、あくまで近年のクルマたち。見た目はフォーミュラメッシュそのものですが、細かい仕様は最新スペックへと進化。サイズもの軽自動車向けの16インチだけでなく、セダンやSUVに対応のする19インチも新設しました」。
ただノスタルジーを喚起するだけのリバイバルではない。現代のクルマに履かせてこそカッコイイ、そう判断したからこその復刻なのである。

【関連記事】高齢者でも「安全&エコ」に運転できる! ぜひ標準装備してほしい「機能」7つ

画像はこちら

その再現ぶりは、オリジナルを知るベテランユーザーほど驚くはず。
例えば、ディスク中央部で存在感を示す星形造形や細かな交点で描いたメッシュスポーク、ピアスボルトや段リムの存在。表面処理も当時の開発スタッフから得た情報を元にザラザラ感を再現し、センターキャップのラベルにいたるまで再現させた。

オリジナルモデルを知るスタッフまで集結させ、作り上げたこそ発せられる“本物感”。
最新車種の雰囲気さえガラリと変えてしまう圧倒的なパワーは、当時を知らないユーザーを含めたカスタムシーンを激しく刺激するだろう。
狙いは、”ダサかっこいい”のド真ん中。最新のデザインホイールには発せられないオーラや強烈なインパクトこそ、復刻モデルの魅力だと思う。画像はこちら

【エクイップ40】

ホイールメーカー「ワーク」。往年のファンは必ず知っている名作といえば、ワークの記念すべきファーストモデル「エクイップ」だ。
その誕生は1977年8月のことである。エクイップ ワーク画像はこちら
そして2017年、伝説となった4本スポークモデルが復刻された。
じつは「ワーク」にとって、今年は創立40周年というめでたい年。その名も『エクイップ40』に改名され、現代の息吹を吹き混んだオールドニュースタイルを蘇らせたのである。エクイップ40 ワーク画像はこちら

手裏剣と呼ばれた4本スポークの「エクイップ」では3代目となる。初代は1ピース構造だったが、翌年にはリムが光輝くホイールを創りたいという思いから、2代目は3ピース構造を採用。この『エクイップ40』でも2代目と同じ3ピース構造が採用された。
サイズは15インチのみという割り切った設定。ターゲットは旧車なのだが、90’〜00’年代のスポーツカーでノスタルジックな足元を飾ってみても面白そうだ。画像はこちら

アイコンとなる4本スポークなどを踏襲しつつ、設計や色味には現代要素をプラス。
マット系で仕上げたレトロな風合いを放つ2色。このカラー設定もマニア心をくすぐるものだ。

 

画像ギャラリー