【試してみた】人気3ブランドの気持ちいい「レヴォーグ」のマフラーはどれだ! (1/3ページ)


「マリオ高野」がパワーチェック&実走行テスト
四者(車)四様の魅力的な特徴とは!?

昨今のSUBARU車は、等長等爆のエキマニを採用したことで不等長エキマニ時代の「ドロドロドロ〜」といった個性的なボクサーサウンドを奏でることはなくなった。
しかし、近年は等長等爆エキマニへ仕様変更したことで純正の排気系自体が効率アップ。純正マフラーをアフター品に交換することで、さらなるパワーアップを狙うことができる。
そこで、「柿本レーシング」、「フジツボ」、「HKS」の2.0Lのレヴォーグ用マフラーを用意。パワーチェック&実走行テストでサウンド&フィーリングを徹底検証してみた。レヴォーグ マフラー フジツボ 柿本 HKS マリオ高野

 

【FUJITSUBO オーソライズRM+C】

レヴォーグ マフラー フジツボ 柿本 HKS マリオ高野

まずはサウンドチェック。アイドリングから野太い低音が響くところが「フジツボ」らしいという印象だ。
車内には全域にわたって野太さを実感できるサウンドが響き、マフラー交換の音響効果を強く感じられる。個人的には好ましいが、人によってはこもり音として受け止められる音質でもあるので、一般的には好みが分かれるであろう。
とくに車内共鳴の面では不利となるワゴンボディでは気になる人は多いかもしれない。レヴォーグ マフラー フジツボ 柿本 HKS マリオ高野

音質は個性的ながら音量そのものは大きくはなく、計測でも2500rpmキープの状態で82dBと2番目に低い数値を示した(ノーマルは72dB)ので、決して騒々しいわけではない。
計測パワーは303.2psとほかの3本よりは控えめな数値だが、低回転域から厚みのあるトルク感が得られるなど、性能面でも明確な向上が見られた。レヴォーグ マフラー フジツボ 柿本 HKS マリオ高野

オーソライズRM+C 測定結果
最高出力 303.2ps/5260rpm
最大トルク 43.3kg-m/4810rpm
排気音量(2500rpm時) 82dB

FUJITSUBO オーソライズRM+C ¥196,560(税込)

フジツボお客様相談係 TEL055-998-0130
http://www.fujitsubo.co.jp

【↓次ページに続く↓】