ローダウンの弊害に”奇跡”を起こす「ミラクルストロークアジャスター」って!?


リアの有効ストロークを確保して
後席の乗り心地を大幅改善!

ダウンサスや車高調を装着すると、どうしても乗り心地は犠牲になりがち。
その要因のひとつが、低車高化に伴うサスペンションのストローク量低下によるものだ。段差を越える際に起こるリアの突き上げは、サスペンションが限界値付近まで縮みきってしまう「バンプタッチ」が要因。以前に、この問題を解決するブリッツの『ミラクルストロークアジャスター』を紹介したが、今回は仕組みと装着後のインプレッションをお届けしたい。ブリッツ ミラクルストロークアジャスター BLITZ

そもそも『ミラクルストロークアジャスター』は、ブリッツの車高調シリーズ『ダンパーZZ-R』のオプション品。リアサスペンションのロアアームに取り付けることで、ローダウン車両のロアアーム角度を適正化し、ストローク量をアップ。バンプタッチを防ぎ、乗り心地を向上させることができるという。
現在はトヨタ・30系アルファード&ヴェルファイア用のみだが、今後はプリウス、アクア、C-HR、レクサスRX/NXなど、リアにダブルウィッシュボーンを採用する車種用を拡充。
今回、出来立てホヤホヤのヴェルファイアを試乗した。ブリッツ ミラクルストロークアジャスター BLITZ

 

『ミラクルストロークアジャスター』の仕組みはこうだ!

リアのロアアームと車高調の取り付け部に、挟み込むカタチでアジャスター本体を装着。
これによりローダウン車両でもロアアームを適正位置に補正することができ、ストローク量を確保できる仕組みだ。ストローク量の増加でバンプタッチを防ぎ、乗り心地を改善する。ブリッツ ミラクルストロークアジャスター BLITZブリッツ ミラクルストロークアジャスター BLITZ

 

『ミラクルストロークアジャスター』には、キャンバー角度の調整機能も備わる。
ロアアームとの装着部が偏心カム機構となっており、このボルトを回すことでリアのキャンバー角が変化する仕組みだ。トー角との兼ね合いもあるので、あくまでも微調整程度と考えておきたい。ブリッツ ミラクルストロークアジャスター BLITZ

増加するストローク量に合わせ、「ダンパーZZ-R」標準よりも20㎜自由長の長いスプリングも付属。
セットで交換することでスプリングが遊ぶこともなく、快適な乗り心地が確保される。異音の心配も無用だ。ブリッツ ミラクルストロークアジャスター BLITZ

 

先代よりもマシになったとはいえ、ローダウンすればリ乗り心地の悪化は避けられない。
特にセカンドシートやサードシートでは突き上げを伴うが、ある程度の車速で段差を乗り上げるとピタリと収まることを実感。特にファミリー層など、リアに乗車する機会が多い場合はオススメと言えるのではないだろうか。ブリッツ ミラクルストロークアジャスター BLITZ

 

フロントのキャンバー調整パーツも発売

フロント側にはキャンバー調整機構のみを備えた、ミラクルキャンバーアジャスターが用意される。
これも「ダンパーZZ-R」専用アイテムで、車高調のロアブラケットを製品と交換する方式。30アルファード&ヴェルファイアでは、純正比最大−4°30’のネガキャン化が可能だ。ブリッツ ミラクルストロークアジャスター BLITZ

 

ブリッツ・ミラクルアジャスターの詳細はコチラ

ミラクルキャンバーアジャスター(フロント左右セット)¥43,200
ミラクルストロークアジャスター(リヤ左右セット)¥51,840
□対応車種(開発中含む):30アルファード&ヴェルファイア、C-HR、プリウス、ハリアーほか

 

ブリッツサポートセンター TEL0422-60-2277
http://www.blitz.co.jp