サブコンピューター追加で走りをスポーティに変える「ミニコンPRO」


ハイエース・ガソリン車用を追加
エンジンレスポンスとパワーが向上できる

カプラーオンで装着することができ、装着するだけで燃料を簡単にコントロールすることができるサブコンピューター『ミニコン』。
初期設定をすることなく、装着するだけで燃料をコントロールしてレスポンスをあげるというものだが、燃調を自在にコントロールすることができるサブコンピューターのプロスペックモデル『ミニコンPRO』のハイエース用が「シエクル」から発売された。
国産セダン、ミニバン、SUV、スポーツカーと幅広い設定車種を持つ『ミニコンPRO』は、高負荷時の制御を3つのモードに切り替えるスイッチと、制御ポイントの設定と燃料値の設定を行なうボリュームスイッチを装備。ノーマルECUからフルコン装着車までエンジンレスポンスをアップさせ、スポーティな走りを実現させるというものだ。
例えば、フルコン装着車であれば、季節や温度、車両の状態などで起こるセッティングのズレを補正。それによりフルコンの機能を十分に発揮させることができる。シエクル、サブコン、ミニコンプロ
また、スポーツマフラーやスポーツクリーナーの装着車では、抜けすぎによるトルク不足や低中速域でのワンテンポ遅れるというレスポンスの悪さを解消。スムーズなエンジンの吹き上がりとパワーアップを図ることができるという。
なお、ハイエース・ガソリン車用は、1〜4型全ガソリン車に対応。装着はエアフロセンサーへのカプラーオンとなるため、装着はバンパーを取り外して行なうことになる。

シエクル、サブコン、ミニコンプロ

 

①接続するECUの位置及びECU端子図を確認する。ECUの端子図の番号は適合表に記載されている。
②ECU端子図のS(エアフロー信号か圧力信号)の配線をカットし、ECU側へPROの緑線、車両側へPROの白線をオス・メスギボシを使って接続する。
③ECU端子図のB(イグニッション12V電源)の位置へPROの赤線をスプライスにて接続する。
④ECU端子図のE(アース)の位置へPROの黒線をプライスにて接続する。
⑤運転の妨げにならないように配線をまとめる。

 

ミニコンPRO       ¥18,000~
仕様:本体(サイズ・67×65.8×18mm)/センサー接続ハーネス(80Cm)/延長ハーネス(120cm)/防水ゴムカバー/本体固定用両面耐熱テープ/タイラップ

各メーカー対応車種&適合表はコチラ

ジェイロード TEL03-5746-0720
http://www.siecle.co.jp