カーボンフォルムが簡単に完成! 人気の水圧転写で「メルセデス」を効果的にカスタマイズ


 

好みの柄を取り入れるアレンジは
内外装を問わず施工可能

ブラックバイソンのエアロをベースに、各部に水圧転写で味付けをしたメルセデス・ベンツ Sクラスクーペ。
このクルマを完成させたのは大阪のプロショップ「マッキナ」だ。各所に同店オリジナルのエッセンスをプラス。そのエッセンスこそが、水圧転写である。水圧転写とはパーツにカーボンやウッド、大理石などの柄を転写できる技術で、塗装でいったん下地を作ってから”柄”を転写。なかでもカーボン調は人気で、インパネなどの内装パーツやエンブレムはもちろんのこと、エンジンカバーやホイールなどの熱が影響する場所にも施工可能である。水圧転写はこれまでも存在した手法だが、いまや柄のパターンも増え、その風合いもリアルに進化しているのだ。

エンジンルームカバーに水圧転写を掛けてスポーティなイメージを演出。センターパートはレッドで塗装し、文字や凹部は配色を替えた。水圧転写 マッキナ

 

ホイールは、エアロに合わせてヴァルド「ポルトフィーノ」を装着。リムはブラックアルマイトを採用。Sクラスにはジャストな21インチをセット。

 

ブレーキキャリパーはレッドでペイントし、「WALD」のロゴをホワイトで投入。ホイールはディスク面にブラックカーボンの水圧転写を施している。

 

加えて、エアロパーツなどの各部の塗装は塗り分けが施されていて、ブラック部においてはあえてグロスカラーでペイント。派手になりすぎないように工夫を凝らしている。水圧転写やペイントのさじ加減は難しいトコロだが、マッキナはその両者をうまく使い分けていた。

 

 

マッキナ メルセデス・ベンツ Sクラスクーペ(R217)
フロントスポイラー、サイドステップ、リアスポイラー:ブラックバイソン
エンジンカバー、ホイール:マッキナ・水圧転写
キャリパー、エンブレム:ペイント
テールランプ:スモークペイント

ホイール:ポルトフィーノ・F21×9.5 R21×10.5
タイヤ:プロクセス F245/35-21   R285/30-21

 

マッキナ TEL072-446-3733
http://www.macchina-style.com/