新型「ルノー メガーヌ」発表、先進機能の搭載で大幅な進化を遂げる


革新のコーナリング性能を発揮
ベースモデルは263万円から

 

ルノー・ジャポンは、 新型『ルノー メガーヌ』を、11月9日(木)より、全国のルノー正規販売店で販売を開始。11月4日(水)、東京・六本木ヒルズにて発表会が行なわれた。

新型『ルノー メガーヌ』は、4輪を操舵させることでコーナリングの性能を大きく向上させる「4コントロール」、走行モードや車内環境をカスタマイズできる「ルノーマルチセンス」、「運転支援システム(ADAS)」といった先進の機能を搭載。
GT、スポーツ・ツアラーGT、GT-Lineの全3モデルがラインアップすることになる。

新型 ルノー メガーヌ

それまでのモデルに比べてダイナミックさと個性が際立つ、よりバランスのとれたプロポーションに進化した4代目『ルノー メガーヌ』。
彫刻的なボディサイドは、ルノーデザインを象徴する官能性を表現し、ボディ下部とボンネットには、前部に向かって集まる繊細なラインが走り、ダイナミックな印象を与えるものとなった。

新型 ルノー メガーヌ

 

『ルノー メガーヌ』は、これまでにない走りの楽しさと、先進の安全性を兼ね備えたモデルとなる。
前後輪すべてを操舵させる『4コントロールシステム(GT、スポーツ・ツアラーGT)』は、ワインディングなどでのコーナリング性能を飛躍的に高め、新たなドライビングプレジャーを提供。一方で、最小回転半径は小さくなり、街中での取り回し性も高められた。新型 ルノー メガーヌ

パワーユニットは、GT、スポーツ・ツアラーGTが1.6L直噴ターボエンジン(最高出力205ps)、GT-Lineは1.2L直噴ターボエンジン(最高出力132ps)。どちらも電子制御 7速AT(7EDC)が搭載される。

また、「ルノー運転支援システム」は、12個のセンサー(GT、スポーツ・ツアラーGT)、2つのカメラ、ミリ波レーダーで車両の全方位の情報を解析。各種運転支援機能を作動させる先進の安全技術も採用されることになった。
さらにサスペンションのジオメトリーを見直し、ダンパーをより寝かせて取り付けることで、タイヤとホイールアーチの間隔が狭められ、スポーティ感を向上。フロントとリアには、デイタイムランプとして機能する、LEDランプが装備されるなど、スタイリッシュなフォルムも魅力。
そして、ルノーデザインを象徴する“C”シェイプ・フルLEDランプ(GT-Lineはハロゲンランプ)は、オートハイ/ロービームを搭載。リアは、常時点灯の左右に連なる光のラインを形成する3Dリアランプが装備される。新型 ルノー メガーヌ

「新型ルノー メガーヌには、ルノーデザインを象徴する“C”シェイプを取り入れ、他のモデルとは違う特別な、そして印象的なイルミネーションをつくりあげました。フロントLEDランプからバンパーへと延びる光の線は、我々のブランドアイデンティティである“Cシェイプ”を誇らしげに造形。この“C”シェイプは、シャープでダイナミックな印象を与え、フロントエンドのワイド感を感じさせるものです」 とは、ライトデザイン担当のデザイナー、ステファノ・ボリス氏。

他にも、表示パターンと色が変更できる7インチフルカラーTFTメーター、7インチマルチファンクションタッチスクリーン、マルチメディアシステムの「R-Link 2」など、インターフェイスに優れる上質さとスポーティさを調和させたコクピットも進化した。新型 ルノー メガーヌ

ステアリングスイッチ、シフトノブ、エアコンの吹き出し口には、サテンクロームを採用し、スポーティな空間を創造。ステアリングはナッパーレザー(GT、GT-Line)、ヘッドレスト一体型スポーツシートはアルカンタラで縫製され、上質感も高められている。新型 ルノー メガーヌ

さらに、新しいレベルのドライブフィールを生み出す4輪操舵システム「4コントロール(GT、スポーツ・ツアラーGT)」の採用。GTとスポーツ・ツアラーGTのシャシーは、ルノー・スポール専用のチューニングが施され、専用スプリング、ダンパー、アンチロールバー、ステアリングを装備する。新型 ルノー メガーヌ

 

ルノー メガーヌ GT ¥3,340,000
ルノー メガーヌ スポーツ・ツアラーGT ¥3,540,000
ルノー メガーヌ GT-Line ¥2,630,000
□ボディカラー(GT/スポーツ・ツアラーGT):ブルーアイロンM、ブランナクレM、グリチタニアムM
□ボディカラー(GT-Line):ブルーベルリンM、ブランナクレM
*上記はメーカー希望小売価格(税込)

ルノーコール TEL0120-676-365
http://www.renault.jp