特別仕様の記念ナンバープレート登場で「白タク」が合法化!?


タクシーなどの事業用自動車は緑ナンバー
白ナンバーで運賃を取るのは違法行為

かつてのバブル期はタクシーが不足していたため、終電後のターミナル駅などではタクシーのように目的地まで人を乗せて運賃を稼ぐ自家用車が存在した。ナンバープレートが白いことから「白タク」と呼ばれたが、当然ながら違法行為。人や物を運ぶことによって報酬を得る場合は、事業用自動車として緑色のナンバーが必要となる。
ところが、記念ナンバープレートの登場で白ナンバー・タクシー(事業用自動車)が合法化した。

現在、タクシーなど運賃を受け取る事業用自動車のナンバープレートは緑色と、自家用車の白ナンバーと区別されている。ラグビーワールドカップや東京オリンピック・パラリンピックといった自家用車ナンバーの特別仕様記念ナンバーは、それぞれ白地ベースに模様がデザイン。例えば、こちらの「東京2020オリンピック/東京2020パラリンピック」の特別仕様では、ナンバーの交付料金とは別に1000円以上の寄付金を納めると、プレートへ虹色の図柄が入る。

ところが、写真下の”寄付金なし”では、白地でナンバープレート右上にエンブレムが印刷されるだけ。見た目は通常の白(自家用)ナンバーとほぼ変わらない。
そこで気になるのが、事業用自動車の記念ナンバープレート。じつは自家用ナンバーと同様のデザインを採用しているのだ。
ただし、事業用自動車のナンバープレートには、250cc以上のバイクのようにグリーンの縁取りが設けられる。とはいえ、自家用車のナンバープレートと比較しても、パッと見の違いは少ない。
また、ラグビーワールドカップでは、絵柄が入っている部分が少ないため事業用自動車のナンバープレートでも白い面積が多い。
さらに”寄付金なし”になると、プレート右上のエンブレムのみとなるため、ほぼ白ナンバーと見えてしまう。
すなわち、フレームを装着すれば事業用車ナンバープレートの証しである緑のフチが見えにくく、まるで白タク状態になってしまうわけだ。
もちろん、これは合法であることは間違いない。
実際、写真のクラウンを見かけたとき「タクシーマニアか?」と自家用車をタクシー仕様にしたのかと勘違いしてしまった。タクシー乗り場に白いナンバーのクルマがあっても大丈夫です。

ただし、本当に真っ白な自家用車ナンバーで「●●まで5千円で行くよ」なんて客引きがあっても乗ってはいけません。そちらは違法な「白タク」ですから。

そんな様々な日本のナンバープレートが、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されている東京モーターショー2017のナンバープレート展で見ることができる。この展示を見ると、日本も昔は海外のナンバープレートのように横長だったようだ。
そのまま継続されていれば、バンパーまわりのデザインが変わっていたかもしれない。