「カスタマイズの主張!」形、色、素材を極めたものがカスタムを制す


「オートファッションimp」流スタイルアップ的視線で眺めた東京モーターショー【ディテール編】

東京モーターショー出展の輸入車勢は、アジアプレミアとジャパンプレミアのみでワールドプレミアとなる車種がなかったのが残念ではあるけれど、スタイルアップ的な視線でじっくり観察してみると、量販車もコンセプトカーも、そして国産車勢も結構参考になりそうな技が色々ありました。
そんな中から、ディテール編と題して、「af imp.」編集部が見つけたインパクト技をピックアップしてみました。

 

「その1.カメラ型サイドミラー」

《BMW Concept Z4》
BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

《Audi Elaine》BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

サイドミラーをカメラにするとサイドビューがこんなにスタイリッシュに。これを見ると、従来型のサイドミラーは頑張ってるデザインですが、やっぱりボッテリ感は否めない。
実用面では後方だけでなくドアミラー下の足元も確認できるでしょうし、幅寄せする時に助手席側ホイールをヒットすることもなくなるかと。
ただ”COTY系”のジャーナリストに聞いたところによると、ミラーを見るついでに周囲の確認もしているので、そこがモニターに切り替わったらどのような認知になるのかが問題、とのこと。認可待ちの感もありますが、このカッコよさは是非導入してもらいたいものですね。

 

「その2.ディフューザー」

《Mazda VISION COUPE》BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

《Smart Vision EQ Fortwo》BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

リアアンダーのディフューザー的処理は最近どんなクルマでも作り込んできていますが、今回気になったのはショーでイチバンのビシビシきた「マツダ・ヴィジョン・クーペ」。
全体のスタイリングはエッジィなデザインが主流のコンセプトカーのなかで、ひと際蕩けるほどに美しいのですが、テールの処理がこれまた巧いなぁと。
横方向にスリットを入れてマフラーを囲みつつ、センターにF1のような細身のバックフォグをビルトイン。ちょっとフェラーリのGTモデル的の雰囲気もありますね。
いっぽうの「スマートEQヴィジョン・フォートゥー」はというと、キャラクターっぽいコンセプトで、クルマを介したコミュニケーションの楽しさが全面に出たクルマ。EVカーというクルマの成り立ちを強く表しているのが、リアスカートのディテールです。
「色々な情報とコネクトする」ようなイメージが出ているディテールですよね。

 

「その3.メタルによる高級感の演出」

《TOYOTA Century Prototype》BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

ニッポンが誇るショーファードリブンカー「センチュリー」が20年ぶりにフルモデルチェンジしました。
とうとうV型12気筒エンジンは廃止されてV8ハイブリッドとなったのですが、ボトムラインを一周する伝統のクロームラインは継承。エレガントというよりも、高級。有無を言わさないハイグレードな表現がさすがです。フロントグリル、ヘッドライト、ドアサッシ、フェンダーモールと多用されたクロームの入れ方、これぞ高級車といえるディテールでしょう。
エアサスの容量も増えて乗り心地はさらに向上したとか。後席にも乗ってみたいものです。BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

 

 

「その4.フォグランプで主張」

《SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT》BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

HIDやLEDはたまたELなどが進化して、ライト類のデザインの自由度は格段に上がったと思うのですが、この「インプレッサ」のフォグは形状そのもの6角形で面白い上に、それをハニカム状に並べているのがポイント。
「ルノー・メガーヌRS」のチェッカー風も面白いですが、こちらはスポーツカーながら、ちょっと可愛いテイストにもなっています。VWビートルあたりで使ったら似合いそう?!BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

 

 

「その5.王道のカーボン遣い」

《Audi RS5》BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

《Audi RS4》BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

アウディのカーボンの使い方は、エグいくらいにクオリティが高い。RS系はとくにその高性能っぷりを見た目でもアピールするべく、至る所にカーボンが使われています。
フロントにはインテークの内側にエッジィな造形で貼り込まれているし、サイドスカートも細いライン状にカーボンが仕込まれています。
しかも、この長さと形状でも歪まない。メーカーのスポーツ仕様なので当たり前ではありますが、さすがです。

 

 

「その6.挑戦的なDSの仕掛け」

《DS3 DARK SIDE》BMW Concept Z4、Audi Elaine、Mazda VISION COUPE、Smart Vision EQ Fortwo、TOYOTA Century Prototype、SUBARU IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT、Audi RS5、DS3 DARK SIDE

特別仕様車ということですが、これが結構カスタマイズされております。例えばミラー下とリアハッチに施されたエンボス状の塗装。
DSモノグラムをモチーフにした幾何学的なパターンをステッカーで貼り、その上からマットの塗装を施してあります。その名も3Dスキンテクノロジー。
さらにドアハンドルには文様が刻み込まれていたり、DSのヘッドエンブレムはキラキラと輝く仕様になっていたりと、特別仕様車とはいえメーカーのクルマ。これはすっかりスタイルアップカーの領域ですね。

《編集:オートファッションimp編集部》