拳銃型シフトノブが超かっこいい! ‘70年型「ダッジ・チャージャー」【お台場旧車天国2017】


排気量8400ccにボアアップした
まさに超絶なアメリカンマッスル!

約800台もの旧車が勢揃いした「お台場旧車天国2017」が11月19日(日)に東京・お台場で開催。

当日は、1970年代に大人気だったアメリカのロックバンド「KISS」のそっくりさん、「お台場ロックシティ」などのロックライブも実施され、会場はヒートアップしていた。旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャー

そんな’70年代を象徴する”アメリカ”といえばもうひとつ、マッスルカー。
大排気量のエンジンを搭載したアメリカンスポーツは、「ワイルドスピード」などクルマやアクション系の映画にもよく登場するので、お好きな方も多いだろう。旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャー

当日会場には、そんな古いマッスルカーも様々なモデルが展示。それらの中で、取材班が特に注目したのは1970年式の「ダッジ・チャージャー」だ。旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャー

47年前に作られたクルマとは思えないほど、エクステリアが美しくキープされているのだが、エッジが効いた迫力のボディは、当時の「強いアメリカ」を象徴するかのようだ。旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャー

エンジンは、「インディ」製ボアアップキットで排気量アップ。
ノーマルの”440キュービックインチ(排気量7.4L)”に対し、502キュービックインチ(8.4L)としたことで、超極太のトルクを実現。豪快なスタートダッシュを予感させる仕様だ。

旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャー 旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャー

また、インテリアでは面白いシフトノブを発見。
通称「ピストルグリップ」と呼ばれるデザインのノブを採用。リボルバー拳銃のグリップをイメージしたこのノブは、当時マニュアル車に純正で採用されていたというから驚きである。市販車なのに、まるでアフターパーツにあるような粋なパーツを採用していた。旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャー

ウッド製パーツやレッドレザーなどを採用したインテリアは、古き良きアメリカっぽくてカッコいい。旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャールーフにはブラックレザーもあしらって、ファントムトップ仕立てに。高級感も満点。旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャー

リアタイヤには295/50R15サイズをセットし、マッシブな肢体を強調。

旧車天国2017 お台場 2017 ダッジ チャレンジャーまさに、古き良きアメリカを具現化したといえる1台。
ぜひとも、助手席でもいいので乗ってみたい!

(撮影レポート:平塚直樹)