ベンツVクラスを”弾丸エクスプレス”にする必殺テク


ハルトマンとサウンドジェネレーターで
ディーゼルテイストを払拭!

意外に思われるかもしれないが、メルセデスの高級ミニバン「Vクラス」は販売好調だという。
ディーゼルエンジンの低燃費・低コストは、ミニバンドライブに最適だが、かたやカスタムに関するアイテムが少ないのがVクラスの弱点である。そんななか、名店「ボンド東京」がセレクトの参考になる1台を創造してきた。ベンツ Vクラス ボンド東京 ハルトマン
ベースには、Vクラスには珍しいアークティックホワイトのボディカラーを選択。メリハリのあるメイクを意識した点は、さすがはメルセデスカスタムの名匠・ボンド東京といったところ。ベンツ Vクラス ボンド東京 ハルトマン

気になるスタイルアップのコツをチェック。まずはエアロセクションだ。
Vクラスのエアロパーツはバリエーションが少ないのだが、同店が注目したのは「ハルトマン」のプログラム。フロントバンパーは両サイドに若干ボリュームを出し、フロントグリル下のセンター部で緩やかに締め上げたデザインが魅力である。ベンツ Vクラス ボンド東京 ハルトマン

そして、両サイドのバンパーダクトトリムにも注目。
あえてボディ同色とし、さり気なさを訴求しつつ、グリル類の全てをグロスブラック化して高級感とタイト感を演出した。ベンツ Vクラス ボンド東京 ハルトマン
ホイールは、「ロハナ RFX7」の20インチをセットアップ。落ち着いたグロスブラックをベースに、意欲的なデザインはボディサイド面の大きなミニバンに必要なアクセントだ。ベンツ Vクラス ボンド東京 ハルトマン

さらに、ユニークなのがサウンドジェネレーターの搭載。Vクラスは2リッターのディーゼルのみ設定となり、ユーザーの不満点で多い耳障りなディーゼル音を解消できるという。
また、BMW i8が採用したことで話題となっている「コード・ファントム」をボディ底面に装着。エンジン回転とシンクロしたGTサウンドは、ディーゼルであることを忘れさせてくれる。Vクラスカスタムのキーアイテムになりそうだ。

SPEC
フロントスポイラー/サイドスカート/リアスポイラー/フロントバンパーダクトグリル:HARTMANN
バンパーグリル/リアディフューザー:グロスブラック化
マフラーカッター:HARTMANN
サウンドジェネレーター:コード・ファントムEX
ホイール:ROHANA RFX7(20インチ)
タイヤ:アドバンスポーツ(245/40)
ブレーキ:ブレンボ

ボンドショップ東京 TEL03-3727-0404
www.hosokawa.co.jp