公認車検を取得した全長7mのヴェルファイアが再降臨【東京オートサロン2018】


前後の意匠をアルファード化
インテリアも全面リメイク!

1月12日(金)~1月14日(日)千葉県・幕張メッセで開催中の東京オートサロン2018。
昨年も出展され大きな話題となった全長7mにストレッチされたトヨタ・ヴェルファイアのリムジンがさらなる進化を遂げて再登場!
市販化を前提とし各部をよりゴージャスに、そしてナンバー登録もされ、いよいよ公道へと歩み出した。

ヴェルファイア

7mに迫る大迫力のストレッチリムジン。それもベースは国産の高級ミニバンの雄トヨタ・ヴェルファイアというのもインパクト絶大だ。
この車両は昨年の東京オートサロンに出展されたモノと一緒だが、そのときはボディの製作でほとんどの時間を費やしてしまい、内装やオーディオは正直いうと納得できる状態ではなかったという。
今年はオーディオやモニターをすべて稼働させ、インテリアも白を基調とした高級感ある雰囲気に進化。ヴェルファイア今年はオーディオも完成。中心は27インチの大型モニター。ヴェルファイアストレッチされた後席には4つのシートを配置し、飛行機のファーストクラスにも負けない豪華さ、そして開放感を味わえる。

さらにエクステリアもイメージチェンジし、フロントマスクとリヤはアルファード化。ヴェルファイアヴェルファイアがベースなのだが、フロントフェイスとリヤコンビランプなどはアルファードに変更。ヴェルファイアクリスタルアイのシーケンシャルテールライトで上品にドレスアップしている。

車高も昨年はやや上げる方向だったが、会場にきたギャラリーの反応は「低い方がカッコいい!」だったとか。そこで今年は声を反映しエアレックスのエアサスに変更、当然ながらリムジンの全長や車重を考慮した専用のセッティングが施されている。ヴェルファイアラゲッジにはエアサスのタンクなどをスマートにインストールしている。

ヴェルファイアシートはオリジナルの本革で、カラーは昨年のレッドからホワイトにチェンジ。カーナビはアルパインのフローティング・ビッグX11だ。

また2mのストレッチ化で公認車検を取得し、会場まで自走で来たというのも大きなトピックだろう。当初から同じ仕様で製作しての販売までを見据えており、今回の公認車検でついに準備が整ったといえる。ヴェルファイア

ホイールは、ボルクレーシングG27(20×8.5J+38)と、トランパスLull(245/35-20)の組み合わせ。リムジン化により重くなったボディを確実に止めるため、エンドレスの6ポットキャリパーとビッグローターも装備する。ヴェルファイアベース車両のグレードは3.5リットルのFF。正確な全長は6.9mで乗車定員は6名、車重は3t弱となっている。長さとしてはマイクロバスに近く、もちろんパワースライドドアなども装備。故障の少なさや純正パーツの入手を考えても、経済的にも輸入車のリムジンより有利。

クルマは同じでも、中身はもはや別モノに近い。気になる人は幕張メッセの中ホールにあるVICTOREXのブースで、生まれ変わったヴェルファイア・リムジンを生で見てみよう!その迫力の全長を体感できる。

画像ギャラリー