自動車メーカーも発信。軽トラで流行のアウトドアカスタムを取り入れる

自動車メーカーも発信。軽トラで流行のアウトドアカスタムを取り入れる

メーカー系遊びのギア満載の
「スズキ」が提案するコンセプト

幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2018」。「スズキ」のブースに展示されていたアウトドアの要素が目いっぱい詰め込まれたコンセプトモデル3車だ。今回、『スペーシア』、『キャリー』、そして新型『クロスビー』をベースに、遊び心を刺激する装備を満載させた”欲しくなる”クルマたちに注目。
まずはキャリーをベースにした「FISHING STYLE」。迷走カラーに仕上げられたエクステリアは、悪路の走破性をアップさせるアンダーガードを装備するなど、目的地となるフィッシングポイントへしっかりとたどり着くため走りを重視。荷台にはロッドッホルダーを装備し、ポイントにたどり着くとすぐに竿を垂らすことができるよう、遊び思考100%の面白い軽トラだ。スズキ、キャリー、スペーシア、クロスビー、アウトドアメイク、フッシングスタイル、アウトドアスタイル、スノースタイルキャビン部分は拡大され、シートリクライニングを使ってもクーラーBOXなどが置けるようになっている。荷台、室内ともに機能的な収納が用意されていていつでも、どこでも釣りが楽しめるというわけだ。
また、シートカバーは迷彩柄で撥水加工を施したウェット素材で仕上げられたシートカバーを採用。濡れた服のまま乗車することも可能と、アクティブな仕様となっている。スズキ、キャリー、スペーシア、クロスビー、アウトドアメイク、フッシングスタイル、アウトドアスタイル、スノースタイル
そして、「スペーシア」をベースとしたコンセプトカーは、SUVとしての要素を組み込みファミリーで仲間でアウトドアについ飛び出したくなるような「CAMPING STYLE」。空間の大きさが自慢のスペーシアらしく、インテリアの収納性は抜群。アンダーガード、ルーフラック、オフロード専用タイヤなどを装備し、海に、山に、川にさまざまなフィールドを楽しむことができそうだ。
インテリアもポップなカラーで仕上げられ、楽しさ満点のクルマに。スズキ、キャリー、スペーシア、クロスビー、アウトドアメイク、フッシングスタイル、アウトドアスタイル、スノースタイルスズキ、キャリー、スペーシア、クロスビー、アウトドアメイク、フッシングスタイル、アウトドアスタイル、スノースタイル
そしてもう一台が新型「クロスビー」をベースとした「SNOW BOARD STYLE」。
いまが真っ盛りなウインタースポーツをイメージしたコンセプトモデルは、クロスオーバーワゴンとしての資質に磨きをかけ、遊びの要素がいっぱい。ブルーの迷彩ボディは斬新で、ルーフのスキーラックがウインタースポーツにいく楽しさを表現。アクティブさを全面に押し出したカラーリングなど、このまま発売してほしいくらいカッコよくてカスタマイズされたコンセプトカーだ。スズキ、キャリー、スペーシア、クロスビー、アウトドアメイク、フッシングスタイル、アウトドアスタイル、スノースタイル


画像ギャラリー