200ミクロンの被膜でボディを手厚く保護、万が一のキズも修復可能に

200ミクロンの被膜でボディを手厚く保護、万が一のキズも修復可能に

剥がすことも可能な「スクラッチガード」、
透明のプロテクションフィルムで愛車を守る

ボディケアのエキスパート、「カーメイクアートプロ」が提案するプロテクション施工。
塗装する要領で水性タイプの溶剤を吹き付け、表面にトップコートを施工。これが愛車のボディを保護する透明のプロテクション被膜となり、通常のフィルム同様にはがすことができるというもの。この『フェニックス・スクラッチガード』は耐久年数も長く、仕上げはツヤあり/なしから選べたり、キズが付いても元通りになる自己修復作用まで備わる、これまでにないボディ保護メニューだ。
飛び石の被害に遭いやすいスポイラーといった部分施工から、ボディ全体まで用途に合わせたオーダーができる。スクラッチガード カーメイクアートプロ プロテクション 自動車

 

保護効果は3年におよぶ

スクラッチガード カーメイクアートプロ プロテクション 自動車塗膜がフィルム状になるから、何かあればはがすことができる! というのが便利。しかも耐久年数は3年。施工後は洗車、ワックス、コーティングも施工可能。膜厚は200ミクロンと、その防御力は最強クラスを誇る。

 

風合いは、ツヤあり/半ツヤ/マットから

溶剤を10回重ねる10コート仕上げで、ツヤありやマット、半ツヤなど表面の仕上げを選べる。ツヤありは濡れたようなクリアな風合いで、写真のようなカーボンに施工すると奥行き感が引き立つ。

 

万が一、キズが付いても修復できる

スクラッチガード カーメイクアートプロ プロテクション 自動車

プロテクション自体に自己修復機能があるため、表面にキズが付いても80度の熱を加えれば元どおりになる。実際にかなりのキズをつけてみたが、熱をかけると見事に消えた。

 

スクラッチガード カーメイクアートプロ プロテクション 自動車

ホイールの表面をマットで仕上げればシブい雰囲気に。スタイルアップしつつ保護できるのが斬新だ。素材を選ばない水性タイプなので、ヘッドライトやテールランプにも施工可能。

 

下地処理を行ない、“スクラッチガードを吹いた後に熱をかける”、がひと工程。この工程を10回繰り返し、最後にトップコートを被せることで、強靭な被膜を形成していく。

 

フェニックス・スクラッチガード施工(目安価格:フロントリップスポイラー ¥21,600)

カーメイクアートプロ
□住所:大阪府堺市美原区黒山76-4
□TEL:072-369-3456
https://www.art-pro.co.jp/


画像ギャラリー