ホンダ S660の人気が熱い!! 大阪オートメッセ2018に展示された3台にクローズアップ

ドレスアップもチューニングも楽しめる
ミッドシップ”ミニ”スーパーカー

エアロパーツでスーパーカーメイクを楽しんだり、ターボチューニングを施して100馬力オーバーを狙うなど、ドレスアップもチューニングも楽しめる、ミッドシップ2シータースポーツカーのホンダ S660。
排気量が660ccというだけで軽カーの枠には納められているが、生い立ちやスペックから見てもほかの軽カーとはちょっとワケが違う存在だ。関西最大級の自動車イベント「大阪オートメッセ2018」にもカスタマイズされたS660が数多く展示。まさにいま旬なクルマに焦点を当ててみた。

 

【TRIAL】

ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル大阪オートメッセ2018に展示すべく、赤&グレー系のラインをボディに追加し、プチ化粧直しした「トライアル」のS660。ホイールはレイズの「ボルクレーシングTE37ソニック」、マフラーは「HKS」製に変更している。ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル

レカロシートの販売&取り付けにも力を入れる「トライアル」。デモカーのS660には、ニューモデル「プロレーサーRMS」を装着。ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル

「トライアル」のS660は「HKS」パーツを中心にチューニング。スポーツタービンキット、吸排気系を装着し軽カーとは思えないパワーを獲得する。ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル

 

 

【TOPFUEL】

 

ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル「トップフューエル」は黒と白のレーシーな雰囲気がする2台のS660を展示。
ミッドシップスポーツカーとしての可能性を探るべく、発売当時から様々なチャンレジが進められている。ボンネットは同社の大型のエアアウトレットが装備されたカーボン製に変更。ラジエータを効率よく冷やすほか、強烈なダウンフォースも発生するという。ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル

 

空力でハンドリングに大きな影響が出るリア駆動のS660。
定番となるGTウイングは高速走行時の安定性を大幅にアップ。リアバンパーガーニッシュ部分はダクト加工が施され、シャシー下を流れる空気を整流。ホイールは「アドバンレーシング」に変更されていた。

「トップフューエル」が独自開発した120馬力対応のハイフロータービンキット。他にも水冷式オイルクーラーなど豊富なチューニングパーツを用意している。ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル

 

 

【K-STYLE】

ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル人気の軽カー誌「K-STYLE」ブースには、オーナーカー(blackサン所有)を展示。
外観は黒一色で、ステッカーなども一切排除してあえて怪しい雰囲気に。ホイールはフロント17インチ&リア18インチ。普通車サイズを苦労の末にマッチングしたという。ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル

装着されるエアロパーツは「リバティーウォーク」製。現行のNSXをオマージュしてデザインしたというボディキットで、S660をスーパーカーの領域へと誘う。ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル

真っ黒な外観とは一転して、インテリアは真っ白でコーディネイト。ダッシュやピラー、ドア内張りの張り替えはオーナーによる自作だ。ホンダ S660 チューニング 大阪オートメッセ2018 トライアル トップフューエル東京の某放送局も「Kスタイル」ブースにあるblackサンのS660に大注目。あの有名なスーパーGT系の番組だそうで、来週に放送予定とのこと。

 

(レポート:Kスタイル編集部)


画像ギャラリー