発売前の「エクリプス クロス」カスタマイズを提案【大阪オートメッセ2018】

初代デリカの詳細ディテール写真から
最新エクリプスクロスのカスタマイズまで

2月10〜12日に大阪市・インテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ2018」のCARトップ・ブースに3月発売予定の三菱『エクリプス クロス』のカスタマイズ仕様のほか、デリカ生誕50周年を記念して初代モデルと現行のデリカD:5アクティブギアの3台を展示した。
自動車雑誌”CARトップ”も今年で50周年ということもあり、2月10日に行われたトークショーではデリカ歴代モデルのヒストリーを紹介した。

街が似合うプレミアムスポーツコンセプト

コンパクトSUVとして3月に発売を予定している三菱エクリプス クロスは、すでにジャーナリスト向けの試乗会が開催され、そのスポーティな走りや先進の4WDシステムなどからデビューを待ち望む声は多い。
そんな『エクリプス クロス』を早くもカスタマイズした『プレミアムスポーツコンセプト』が大阪オートメッセ2018に展示された。

『プレミアムスポーツコンセプト』のカスタマイズポイントはたくさんあるが、未来のオーナーにとって気になるのがホイールだろう。このクルマには、レイズ製ベルサス・ストラテジーア アベントゥーラの20インチを装着。リム幅は8.5Jでインセットは45mm。エクリプスクロスさすがに自動車メーカーのデモカーゆえ車検対応サイズだろうが、比較的攻めたツライチ・セッティングになっている。ホイールサイズをチョイスする際の参考になるだろう。
ちなみにタイヤサイズは245/40ZR20で、ヨコハマ・アドバンスポーツを装着する。

ボディまわりでは、前後バンパー下部に装着されているガーニッシュは純正パーツとして販売されるとのこと。エクリプスクロス

フロントバンパーやリヤバンパーの下は、本来ブラックの未塗装タイプだが、コンセプトモデルはボディ同色。エクリプスクロス エクリプスクロス

サイドステップもノーマルはブラックなのだが、こちらもボディ同色に。SUVのワイルドさは控えめとなりプレミアム性がアピールされている。エクリプスクロス

発売後のボディドレスアップは、まずはここから手をかけてみるといいだろう。
エクリプスクロスブラックメッキのフロントグリルやアンダーグリルは参考出品。シックな輝きが魅力的。ぜひとも純正パーツとして採用してほしい。エクリプスクロスリヤゲートスポイラーは、立体形状でスピード感溢れるデザイン。ただ、残念ながら参考品だ。

「シンプル イズ ベスト」初代デリカの潔さ

初代デリカは1968(昭和43)年にキャブオーバー式トラックとして登場。のちにバンやコーチ(今で言う乗用タイプミニバン)といったワンボックスタイプが追加された。デリカ大阪オートメッセの会場に展示したのは1973年モデルのバン。シートは2列。1.4リットルエンジンを搭載し、シフトはコラムタイプ(まるでウインカーのような細いシフトレバー)。デリカ

メーターはスピードのほか燃料系と水温計といったシンプルなもの。ヘッドライトとワイパーのスイッチが鉄板むき出しのダッシュボードに備わっている。
デリカラゲッジルームは、薄いビニールのカーペットが敷かれているだけ。タイヤハウスは鉄板が出ているが、剛性を高めるためか凹凸のプレスが施されている。
ちなみにデリカという車名の由来は、Delivery Car(荷物を運ぶ車)からの造語だ。
初代デリカの詳細写真はページ下部のギャラリーにも掲載しているので、ぜひとも堪能してほしい。

オレンジが際立つデリカD:5アクティブギア

デリカ5代目となる現行型デリカD:5は、2007年の登場以来ディーゼルを追加や特別仕様車など、その魅力は増している。
大阪オートメッセで展示したのは、各部にオレンジのアクセントが際立つ特別仕様車「アクティブギア」。エクステリアは、随所にオレンジカラーを配した専用のフロントグリルやサイドガーニッシュ、リヤディフレクター、ホイールを装備。デリカ デリカインテリアもダッシュボードからシートまでブラック/オレンジのコンビネーションでアクティブなイメージを演出している。デリカアクティブギアの詳細はページ後半のギャラリーにも掲載しているので、ぜひチェックしてほしい。

三菱自動車 http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 


画像ギャラリー