ヨーロッパ最大のカスタムカーの祭典「エッセンモーターショー」徹底レポート (1/6ページ)

ヨーロッパ最大のカスタムカーの祭典「エッセンモーターショー」徹底レポート

スタイルアップからチューニングまで、
本場のヨーロピアンスタイルをお届け

ヨーロッパのカスタム系モーターショーとして定着している「エッセンモーターショー」。
ヨーロッパの名だたるメーカーがブースを設け、最新アイテムを身にまとったカスタムカーが数多く出展している。流行りをいち早く見つけるためのバイブルとなる”エッセン”は、絶対にチェックしておきたい。エッセン、アプトスポーツ、ACシュニッツァー、ブラバス、アイバッハ、カーボンファイバーダイナミクス、ロリンザー、ローウェンシュタイン、リューテンモータースポーツ、フェート、マンタイレーシング、エティンガー、モモ、TAテクニック、カーヴェー、ピーシャ、プリオールデザイン

 

【ABT Sportline】

強心臓のRと10台限定のコラボQ7

フェイスリフトしたRを400psまでパワーアップした「ABT」。
独自のコンピュータマネジメントAECにより、トルクも500Nmにまで引き上げられている。いっぽうQ7は、USホイールブランド「VOSSEN」とのコラボでワイドボディキットに合わせた専用ホイールが装着されている。わずか10台の限定モデルだ。

Vossen SQ7 ‘1 of10’

足元に履く「VOSSEN」の鍛造ホイールは10×22インチで、専用カラーであるステルスグレーにペイントされている。

ローダウンされた足元に収まるのはFR。ボディにあわせたバイカラー仕立てがいかにもショーモデルらしい。

VW GOLF R

 

 

【AC SCHNITZER】

推しはBMW2シリーズのチューニング

M240ベースとなったコンプリート「ACL2S」。
この個体はボディワークとインテリアが作り込まれた上にxDriveまで入ったフルオプション仕様。M2ベースの『ACS2スポーツ』は300本限定の鍛造ホイールAC3のバイカラーに注目だ。

ACS2 Sport

小振りなエアロがアクセントになったM2ベースの「ACS2 Sport」。今もっとも旬なBMWチューニングといえるだろう。

 

ACL2S

展示された「ACL2S」はM240ベースのチューンドでエンジンはスワップされていなかったがパフォーマンスアップグレードは導入済み。

 

【artForm】

23インチまで揃うジャーマン・ホイールブランド

パナメーラの足元に収まるのは『AF401』。細身のスポークはリムに向かう途中でさらに細くシェイプされており、実サイズよりも大径に見せる効果を高めている。リムのダイヤカットもアクセント。シンプルだがインパクトの強いホイールだ。

 

【BRABUS】

パワフル&ゴージャスなコンプリート

メルセデスチューニングの雄ブラバスは、フェイスリフト後の「AMG S63(700ps)」、「AMG E63(700ps)」、そして「GLEクーペ(850ps)」を展示。
それぞれ独自のエンジンチューニングやスワップとともに、内外装はカーボンやレザーによるコーディネイトが施されており、エクスクルーシブな世界を提供する完璧なコンプリートメルセデスとなっていた。

700 S63

ゴージャス極まるS63ベースの「ブラバス700」。純正でも高級だが、「ブラバス」の手に掛かれば最上級の空間に変貌。

 

 

700 E63

「ブラバス」のコンプリートエンジンにも使われるレッドのラインを大胆にシートへとあしらったE63ベースの「ブラバス700」も披露された。

850 GLE63エッセン、アプトスポーツ、ACシュニッツァー、ブラバス、アイバッハ、カーボンファイバーダイナミクス、ロリンザー、ローウェンシュタイン、リューテンモータースポーツ、フェート、マンタイレーシング、エティンガー、モモ、TAテクニック、カーヴェー、ピーシャ、プリオールデザイン

850ps仕様の「GLE63クーペ」は、23インチのモノブロックYプラチナムエディションを装着。バイカラー仕立てが迫力の1台。

 

【Don Octane】

1200ps越えのVWポロ!?

ドラッグマシンに変貌を遂げた、VWポロを発見。
わずか900㎏のボディに、なんと1280psまでチューニングされた3ℓエンジンを搭載。0-100km/hは2秒、0-230km/hは5.4秒、0-280km/hは8.2秒という異次元の速さを見せつける。

VW POLO

 

【↓次ページに続く↓】


画像ギャラリー