突然ですが「このクルマの車名をお答えください!」 OEM検定

突然ですが「このクルマの車名をお答えください!」 OEM検定

メーカー違えど血縁関係にある全15車種。
いま購入できる軽OEM車の名前クイズ!

別のメーカーで生産したクルマのほぼ名前だけを変えて販売しているのがOEM車。
じつはオリジナル車ばかりを気にするあまり、 見落としがちな選択肢といえる。
モデルによっては、オリジナル車とはグレード展開や一部デザインが異なっているケースも。

というわけで、いま購入できる軽自動車のOEMモデルをピックアップ。本家(ベース車)の名前をお見せしつつ、分家(OEM車)の特徴を紹介するので、車種名を予想してください。
それでは、スタートです!

そもそもOEMってどんな意味?

OEMとは「Original Equipment Manufacturing」の略で、自社の製品を他社ブランドとして製造すること。製造側は生産台数を増やせることなどによってコスト削減が図れ、販売側は開発コストを掛けずにラインアップの拡充が実現可能。ユーザーは、同じクルマを別のメーカーから選べるというわけである。軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレア

ダイハツ「ミライース」のOEMモデルは?軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレアベース車のダイハツ・ミライースのフルモデルチェンジに伴い、2017年5月に新型に移行。洗練されたデザインを実現しつつ、上級グレードを中心に歩行者も検知可能な衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」を継承する。

答え:トヨタ・ピクシス エポック

「ミライース」のSUBARU版もありますよ!軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレアSUBARUからは、「プレオ プラス」という名前で販売。軽自動車の本質である低燃費・低価格に加え、安全性も追求。全車にスマートアシストIIIを搭載しているのも共通だ。

 

スズキ「アルト」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレア各部の徹底した軽量化やパワートレインの効率化を徹底追求したことにより、最高で37.0km/LのJC08モード燃費を実現。個性的でスポーティなスタイリングも高い評価につながっている。

答え:マツダ・キャロル

 

スズキ「ワゴンR」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレアワゴンRのフルモデルチェンジ(2017年2月)に伴い新型に移行。全車マイルドハイブリッド仕様で、スタンダードモデルのハイブリッドXGと、スポーティなルックスのハイブリッドXSをラインアップしている。

答え:マツダ ・フレア

 

ダイハツ「ムーヴ(カスタム)」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレア
写真は標準モデル

初代は自社開発していたが、2代目以降はムーヴのOEM車にスイッチ。フロントグリルやバンパーは専用のデザインを採用する。また、ヘキサゴンデザインやブラック塗装バンパーを採用して独自性を強調した”カスタム”モデルの設定も本家と同様。

答え:スバル・ステラ(カスタム)

 

スズキ「スペーシア(カスタム)」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレア
写真は標準モデル

昨年末にフルモデルチェンジし、全車がマイルドハイブリッド搭載車となった。全高やホイールベースの拡大で居住性は大幅に向上。全車標準装備となる安全デバイスもアップデートされているほか、コチラも存在感を高めた”カスタム”仕様を用意している。

答え:マツダ・フレアワゴン(カスタムスタイル)

 

ダイハツ「キャスト」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレアクロスオーバーSUV風味、ラグジュアリーテイスト、スポーティな3タイプを設定。2017年10月の一部改良では、スマートアシストIIIをほぼすべてのグレードに採用している。

答え:トヨタ・ピクシス ジョイ

 

ダイハツ「タント(カスタム)」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレア
写真はカスタムモデル

自社としては初のハイトワゴン。後席両側スライドドアに加え、助手席側はBピラーをドアに内蔵したミラクルオープンドアを採用する。同じく、クロームを多用したフロントマスクが存在感を発揮する”カスタム”バージョンも展開。

答え:スバル・シフォン(カスタム)

 

ダイハツ「ウェイク」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレア全高1835mmを特徴とするダイハツからのOEMハイトワゴン。大人4名がくつろげる広々とした室内空間に加え、高い積載性や使い勝手のよさが大きな美点となっている。上級モデルは両側パワースライドドアを採用。

答え:トヨタ・ピクシス メガ

 

スズキ「ハスラー」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレア2005年に販売終了となった「ラピュタ(スズキKeiのOEM)」以来の小型クロオスオーバーSUV。マツダの軽トールワゴンシリーズの第3弾として販売されており、エンジンもハスラーと同じR06A型を搭載する。

答え:マツダ・フレア クロスオーバー

 

スズキ「エブリイワゴン」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレアターボエンジンやレーダーブレーキサポートを全車に標準搭載。スタンダードルーフのほかハイルーフ仕様も設定され、多様なニーズに対応している。「ポーターキャブ」の後継車。

答え:マツダ・スクラムワゴン

 

ダイハツ「アトレーワゴン」のOEMモデルは?

軽自動車、OEM、2018年、ピクシス、キャロル、フレアかつては自社開発していたが、現在はアトレーワゴンのOEM車に。2グレード展開で、パワートレインは全車ターボエンジンと4速ATの組み合わせ。2017年11月の改良ではスマートアシストIIIが全車に標準装備された。

答え:スバル・ディアスワゴン

 

いかがでしたでしょうか。全問を答えられた方はかなりのOEMオタクと言えるでしょう。
軽自動車にはOEM車が豊富であることがわかりますよね。
他人とは被りたくないというアナタ、選択肢としていかがでしょうか。


画像ギャラリー