人気上昇中のメルセデスベンツGLEクーペに「スマートなカスタム案」

人気上昇中のメルセデスベンツGLEクーペに「スマートなカスタム案」

純正アイテムでAMG GLE43クーペを
“63S”クーペにアップグレードする

一見するとAMG GLE63Sクーペなのだが、じつはベースとなっているのは3リッターV6エンジン搭載の「GLE43クーペ」だ。純正AMG GLE63Sをボトムにアッセンブリーするなど、完全なるアップグレードがなされている。AMG、GLE43、GLE63、クーペ、ユーロ、カスタム

手がけたのは、東京に拠点を構えるメルセデスを得意とするプロショップ「ユーロ」。
まずは、63Sのフロントバンパースポイラーとリアディフューザー。43シリーズのフェイス&リアもスマートにスポーツモードを演出しているが、迫力という点では63シリーズのそれには敵わない。特にジェットウイングデザインと本国でネーミングされた最新フェイスの、超大型ワイドダクトがもたらす圧力感はハンパなし。AMG、GLE43、GLE63、クーペ、ユーロ、カスタムその上で「ユーロ」では、ダクト部とディフューザーのメッキ部にオリジナルでカーボン巻きと、純正アッセンブリーだけで終わらないカスタマーとしてのスパイスを効かせた。AMG、GLE43、GLE63、クーペ、ユーロ、カスタム

サイドセクションの演出も小気味いい。標準のサイドにはSUVにふさわしいステップ状のランニングボードが装備されるが、スポイラータイプのAMG仕様に変更されているのでイメージチェンジは明白。しかも標準では黒梨地のフェンダーアーチモールもボディ同色にペイント。これで「WALD」の22インチホイールがより強調され、アーバンGTな演出が際立つではないか。さらに、43シリーズではブラック塗装のドアミラーカバーを63S同様の同色化でフィニッシュさせた。AMG、GLE43、GLE63、クーペ、ユーロ、カスタム

人気上昇中のGLEクーペ。カスタムスタイルでもリーディングショットとなるに違いない仕上げだ。

AMG、GLE43、GLE63、クーペ、ユーロ、カスタム

SPEC

フロントスポイラー/リアディフューザー:AMG GLE 63S
フロントグリル:AMG 63
サイドスカート:AMG
マフラーエンド:AMG GLE 63S
オリジナルカーボン
フェンダーアーチ&ドアミラー同色塗装
ホイール:WALD・イリマ(F:10×22/R:11.5×22)
タイヤ:パラダ(285/40)
キャリパーペイント
チューニング:ロワリングキット

 

ユーロ TEL03-5674-7742
http://www.euro.ne.jp/


画像ギャラリー