この性能はやめられない!日本のチューナーが調律する禁断の「BMW M POWER」 (1/3ページ)

ビッグタービンで下克上爽やかにM4をカモれ!

BMWといえばドライブすることが楽しくなるドライバーズカー。メーカーのキャッチコピーにもあるように”駆けぬける歓び”を堪能できるクルマだ。その中で、特に性能の高さで魅力的なクルマが『M』。抜群のエンジンレスポンスとそのパワーユニットを余すことなく発揮させるシャシーは、乗るものに感動に値するほどの歓びを与えてくれる。
そんな『M』をさらに磨き上げたスペシャルなクルマが3台。その中身をクローズアップしてみた。

 

モアパワーを獲得する北米生まれのチューニング

【Studie BMW M2】

BMW M2がデビューした時に、唯一残念だという声が上がった点は、エンジンがS55ではなくN55であること。S品番はM社製とされ、N品番はBMW製とされるからだ。”Mじゃないよね”なんていう声も聞こえるが、乗ればM2は紛う事なきM社のクルマであって、SだのNだのはもはや気持ちの問題なのかも。
そして磨いていけば兄貴分のM4を喰えそうなポテンシャルを発揮できそうなM2だから、チューニングの素材になるのは至極自然なこと。日本におけるBMWモディファイシーンの先頭を走り続けるプロショップ「スタディ」がそんな素性のクルマを見過ごすはずもなく、すでに数台をデモカーに仕立てている。今回紹介するのは、そのなかでもチューニング指向の強い1台だ。

神戸店でチューニングが進められたこの車両のトピックは、やはりビッグタービンへの換装だろう。銘柄はダイナン。北米を拠点とするBMWチューナーであり、その活動の歴史は長く、多くのチューニングアイテムを提供している実力派。そんな彼らが開発したのは、ビッグタービンのほか、インタークーラーとプログラムがセットになったパワーアップキット。気になる実力は101HP/117Nmアップとなる446HP/621Nmを発揮するというから、ノーマルM4の上を行く。

さらにデモカーでは人気上昇中のイギリスの吸気ブランド、イヴェンチュリーのインテークも投入されているし、フットワークにも3ウェイのKWクラブスポーツをピロで組んだりと、かなりレーシーな内容。それでいて足元には限定の白LMを選んだことで、爽やかさも獲得している。もちろん脚捌きは抜群だ。
装着されたパーツリストには硬派なメニューがズラッと並んでいるが、体育会系のガチムチにならないのはパーツチョイスの成せる技。多くのBMWをプロデュースしてきたスタディのコーディネイト能力が発揮された1台といえるだろう。

Mパフォーマンスのアイテムを軸に、レカロスポーツスターに合わせてリアシートを張り替えてトータルコーディネイトされた室内。油臭さは皆無だ。

 

SPEC
エクステリア:BMW Mパフォーマンス・キドニーグリル/サイドフェンダーグリル/フロントカーボンカップウイング/サイドカーボンカップウイング/カーボンミラーカバー/カーボントランクスポイラー/カーボンリアディフューザー
BMW純正M4ドアミラー加工取り付け
BMW Motorsport M235レーシング・カーボンGTウイング
フットワーク:KWクラブスポーツ/コーンコントロールアーム
Studieフロントスラストブッシュ・ピロ
arcパイプスタビライザー
タイヤ&ホイール:BBS LMリミテッドエディション(9:10×19)
アドバンネオバAD08R(245/35:265/35)
チューニング:DINANビッグタービン換装/DINANトロニック・ステージ4/デュアルコアインタークーラーキット
EVENTURIブルーカーボンインテークキット
cpmロアリプレイスメント/フロントメンバーブレース/ストラットブレース
オカダプロジェクツ・プラズマダイレクト
REMUSキャタバックシステム
BREXコードファントムEF
インテリア:BMW Mパフォーマンス・ペダル/フットレスト/DCTゲートカバー/サイドブレーキカバー/スポーツステアリング
Auto Technicカーボンパドルレバー
BFIヘヴィウエイトシフトノブ加工
RECAROスポーツスターリミテッド
ニューイング・リアシート張替え
3Dデザイン・STACK3連メーターキット
レイヤードサウンド・4ch/+C
BREC・ライティング

スタディ神戸 TEL078-843-7800
http://www.studie.jp

【↓次ページに続く↓】


画像ギャラリー