嗚呼、悲しくも消えてしまった懐かしの装備&カスタム文化「総集編・前編」

かつて一世風靡、いまや絶滅危惧種。
どこか懐かしいアフターのシーンを振り返る

ファッションといえば、トレンドが目まぐるしく変化していく。
クルマも同じであり、RVブームやミニバン全盛期など、その時代ごとにウケるジャンルがありました。コレはカスタム文化も然り、なのです。
「ついこの前まで流行ってたけど、最近は見かけない」、そんなカスタム内容や自動車のアクセサリー関連を懐かしく振り返る総集編。あの頃にハヤっていたシーンを、前編と後編に分けてお届けしましょう。

 

【Tシャツとバンダナ】

車種別のシートカバーがなき時代のお手軽アレンジ

クリアテール、エアロミラー、ネオン管、置き型スピーカー、CDチャンジャー、懐かし、車、装備“部屋とYシャツとワタシ〜♪”と聞いて懐かしむ世代は、ご存知のはず。
そう、80’〜90’年代の内装アレンジで流行ったのが、クルマのシートとTシャツ&バンダナとのコンビ。
当時、車種別シートカバーはレアであり、シートを飾るアイテムといえば白のレース地やタクシードライバー御用達の数珠カバーくらいなもの。そこで若者が実践したのが、Tシャツをパツパツに被せるという手法。アメカジやサーファースタイルがナウかった当時、Tシャツの柄は”ハードロックカフェ”や”I ♥ NY”が人気だったような。
そして、ヘッドレストは”バンダナ”でコーデ。定番はペイズリー柄で、運転席と助手席の色を変えるなど、それぞれの個性を楽しんだものです。

 

【クリアテール】

灯火類は”透明”がオシャレだったあの頃

クリアテール、エアロミラー、ネオン管、置き型スピーカー、CDチャンジャー、懐かし、車、装備2000年前後に流行したカスタムのジャンル、アメリカンやヨーロピアンVIP。
定番のアフターパーツといえば、テールランプでした。現代でこそLEDやシーケンシャルウインカーの搭載などで進化しているものの、当時の主流はレンズカバーの色を変えるというもの。特に人気を誇ったのがレンズカバーの色味をなくした『クリアテール』だったのです。
当時の純正レンズカラーといえば、ウインカー部分がオレンジでブレーキ部がレッド。そんな定番から脱却すべく、テールランプのクリア化がウケたのであります。当然ながら、ウインカー用にアンバー、ブレーキ用としてレッドに光るバルブの交換が必要。車検で必要なリフレクターもテールランプに内蔵されなかったため、検査時は別途バンパーなどに貼らなければなりませんでした。
このクリア化は、サイドマーカーやヘッドライトのウインカーにも派生。灯火類をすべてクリアにするのがトレンドだったのです。

 

【CDチェンジャー】

青春がギュッと詰まった音楽メディアボックス

クリアテール、エアロミラー、ネオン管、置き型スピーカー、CDチャンジャー、懐かし、車、装備音楽を聴くためのメディア。それまでのカセットテープからCDへと移行したのは、80年代後半になってから。ヘッドユニットではカセット、CDはチェンジャーというマガジン内に音楽アルバムをセットするのが定番でした。
6連奏や8連奏といった風に、長時間の連続演奏や複数枚からの任意再生など、その利便性はカセットテープを遥かに凌駕。その後、MDが登場したとはいえ、コチラの普及は限定的。長らく人気は続きましたが、音楽配信サービスやアプリなど、近年の視聴形態は変化。CDを見かける機会はメッキリと減少しました。
ちなみに、彼女とのムードを上げるためにオリジナルのラブソング集を収録。デート前になれば、トランク内や助手席の足元にあるCDチェンジャーにセット、という作業を行なった方もいると思います。
かつて「80’s洋楽」や「邦楽ベスト」といった自分だけの1枚を作った人は、立派な中年になっているのではないでしょうか。

CDチェンジャーは、30〜50代にとっての青春。あの独特の動作音、マガジンが出てこなくなったトラブルも懐かしい思い出。ちなみに、大手メーカーのラインアップを調べると皆無。ちょっぴり悲しい現実を知ることになりました。

 

【ネオン管】

“ヒカリモノ”メイクの先駆者は内外装で大活躍

クリアテール、エアロミラー、ネオン管、置き型スピーカー、CDチャンジャー、懐かし、車、装備路面へ光を照らし出す。車底から下に向けて照射された鮮やかなヒカリの演出、アンダースポット。
ブームは、スポコンがブレイクした2000年前後まで遡ります。この『ネオン管』が放つカラフルな発色と蛍光灯のような風合いは、車外だけでなく車内にも活用されました。シガーソケット電源という手軽さも魅力。4連や6連のソケットに増設しては、車内を鮮やかに照射していたものです。挙げ句にはブラックライトタイプといった進化系まで登場しましたが、LEDパーツの登場でめっきりと減少。特有の柔らかい光でカラフルに演出する車は随分と見かけなくなりました。
ちなみに、ドリフト系ではストロボが人気。他にもミニバンではオモチャのお魚が泡と光で泳ぐ”水槽”というのもありましたね。いま思えば、”ヒカリ”を楽しむカスタム文化の先駆けだったのかもしれません。

 

【エアロミラー】

走りを予感させる流麗フォルムで一躍大人気に

クリアテール、エアロミラー、ネオン管、置き型スピーカー、CDチャンジャー、懐かし、車、装備いまから15〜20年前、”スポコン”がブレイクし、一大ムーブメントに。そんなアレンジの真打ちだったのが『エアロミラー』。
コンパクトで流麗なフォルムは、”Gr.A”や”JTCC”といったツーリングカーレースのマシンを彷彿。スポーツ性を打ち出せることで、日産180SXやシルビア、スカイラインなどで大流行しました。この流れは、国産ワゴンユーザーにも波及。カーボン調やウインカー付き、車検対応の可倒式など、見た目や機能性を高めて独自に進化を遂げたのであります。しかし、車種を問わずにオーソドックスなデザインだったドラミラーは、ウインカーを内蔵したスタイリッシュなデザインが増加。もはや、交換するメリットは減ったのかもしれません。

 

【置き型スピーカー】

ブレーキでレッドに点灯。窓越しに見えるイルミネーション

クリアテール、エアロミラー、ネオン管、置き型スピーカー、CDチャンジャー、懐かし、車、装備かつて、リアシ−ト背面にあるトノボード上にあったものといえば、「置き型のリアスピーカー」。
純正よりも幅広い音域を出せることから、当時のハッチバックやセダンの窓越しによく見かけたものです。
1万円を下回るノーブランドから、2万円を越える一流メーカーまでバリエーションも豊富。個人的には、スピーカー背面部のブランドロゴが点灯する「イルミ搭載モデル」に憧れておりました。

この置き型スピーカーの魅力と言えば、低音再生もこなす3ウェイや4ウェイ方式だったこと。コチラもめっきりと見かけなくなりましたが、現在も一部メーカーで僅かにご健在しております。

 

 

(イラスト:自由絵師本舗・秋田昌宏)


画像ギャラリー