迫力のワークスフェンダーで武装した、スーパーなワンボックスカー

フルラッピングのボディは
光の当たり方で色合いが変わる

ワンオフ加工を含め、「ギブソン・グラファム」、「T.S.Dスタイリング」、「415コブラ」の各ブランドを組み合わせて迫力あるスタイリングにまとめた取材車。ハイドロシステムサスペンションにワンオフのオリジナルのホイールを組み合わせ、トヨタ・ハイエースとは思えないスタイリングを作り出している。

 

フロント周りは「ギブソン・グラファム」のフロントバンパースポイラーにフォグランプを加工装着、ヘッドライトもワンオフで製作しボンネットも「グラファム」をセットする。
サイド周りは「T.S.Dスタイリング」を装着しているのだが、この『T.S.Dスタイリング・ワークスキット』は、キット一式での販売ということで、サイドだけを装着しているものの、フロント&リアのバンパーも購入しているそう。
せっかくキットで購入してもそれを装着せずにフロント、リアは別ブランドを装着するという、なんとも男気溢れるカスタマイズを行なっている。そのリアバンパーは、「415コブラ」。
バックフォグを加工装着し、マフラーのエンドは「415コブラ」をそのまま採用しているが、マフラー本体部分にはオリジナル加工が施され、心地よいサウンドを響かせている。

フロント周りは「ギブソン・グラファム」、ヘッドライトをオリジナルで加工し、ラッピングは虹色に光り輝く素材を使用。オリジナルスタイルを作り出している。

「T.S.Dスタイリング」の『ワークスキット』でサイドをスタイルアップ。オリジナルのホイールとの組み合わせは最高のスタイリングを作りだしている。

リアのセクションは、「415コブラ」のバンパーにオリジナルのエキゾーストシステムでスタイルアップしている。

インテリアはLEDを各所に装備し、淡い光を作り出す。ステアリングは「ワールド」、シフトノブはチタンボール、インテリアパネルは同じく「ワールド」&「レガンス」の組み合わせとなっている。

リアのラゲッジスペースにセットされたハイドロシステムサスペンションはLEDランプとガラスにより魅せる装備になっている。

LEDでライトアップしたラゲッジはこのようにカラーリングを変化させることができる。

リアはハイドロシステムユニットを装備し、その上部にはベッドキットを装備している。

 

「ブリッド」のシートをフロントに装備、内張りは総張り替えを行いオリジナルスタイルを作り出している。

 

 

SPECIFICATION
エクステリア
ギブソン・グラファムフロントバンパースポイラー&ボンネット&フロトグリル/T.S.Dスタイリング・ワークスキット/415コブラリアバンパー/415コブラ・テールランプ/T.S.Yファクトリー・ヘッドライト加工/サウスマーキング・フルラッピング/ステップ、ダンパー、足回りキャンディオレンジ塗装
ホイール&タイヤ
ワンオフオリジナル(19×10.5 19×11.5)/コンチネンタル(265/295)
足回り
トリニティ・ハイドロシステムサスペンション
インテリア
ワールド・ステアリング/チタンボールシフトノブ/ワールド&レガンス・インテリアパネル/トリニティ・ワンオフフロアマット/ブリッド・バケットシート、フロント&リアシート張り替え/クラフトプラス・アルカンターラベッドキット/ワールド・カップホルダー/内装張り替え
オーディオ
カロッツェリア・ヘッドユニット/ロックフォード・アンプ/カロッツェリア&ロックフォード・スピーカー/カロッツェリア・モニター

 

(リポート:ハイエーススタイル編集部)


画像ギャラリー