生産終了から4ヶ月、「現行型ジムニー」を新車で買うラストチャンス

生産終了から4ヶ月、「現行型ジムニー」を新車で買うラストチャンス

物足りないをカバーして楽しむ
JB23型 “街ジムニー”の遊び方

2018年7月、いよいよスズキ・ジムニーがフルモデルチェンジされる。つまり、3代目ジムニー(JB23)が新車で買えるのは残りわずかとなり、20年の歴史にその幕を閉じることになるのだ。
このJB23型は、すでに2月に生産中止を発表。しかし、少なからず在庫は残っているそうなので、3代目ジムニーのお得な買い方や専門店について紹介したい。
また
、同時にエクステリア&インテリアも個性的に仕上げたい。というわけで、取材に協力してくれたジムニー専門店「ピストンウイッツ」のコンプリートカーについて触れていこう。

ジムニー、JB23、ピストンウィッツ
まずは、3代目ジムニーについて「ピストンウィッツ」の江頭サンはこう語る。
「生産が終了したとは言え、現時点で新車が手に入ります。逆にJB23型が欲しいという駆け込み需要が増えていますね。我々も新型には期待していますが、最後の3代目を楽しみたいという方は意外と多いのです。カリカリなチューニングではなく、オンロードでの快適性を兼ねたライトな”街ジムニー”が人気ですね」。
そのほとんどが同店での新車コンプリートを購入するそうだ。傾向から分かるとおり、”イジる”を前提とした場合、買ってからカスタムするより、ジムニー専門店でコンプリートカー購入するのがオトクになることも。車両の購入やメンテナンスなど、ジムニー専門店の存在は心強いと言えるだろう。
では、どのような”街ジムニー”がオススメなのか、外装と内装にわけて紹介したい。

 

【EXTERIOR】

アプローチアングルを稼ぐ外観カスタム

ジムニー、JB23、ピストンウィッツ“街ジムニー”がテーマだとしても、これぞ4WDというリフトアップ&クロカンルックはキープしたい。4WDフォルムの象徴となるのが、アプローチアングルの角度。タイヤが地面に接している点から、バンパー最下部を繋いだ線の角度のことだ。
バンパーが薄いほうがアプローチアングルが大きくなり、障害物などを乗り越えるときに有利になる。まさにジムニー”イジり”の真髄といえるポイントだろう。ジムニー、JB23、ピストンウィッツ

 

ジムニー用のアフターパーツとしてさまざまなデザインが用意されている。特にフロント&リアバンパーは豊富に設定されているので、個性的なフォルムを楽しむのもアリだ。ジムニー、JB23、ピストンウィッツ

 

薄いバンパーに交換したときなどに効果的なのが、スキッドプレート。視覚的なオフロード感を高めるだけでなく、フロントまわりをダメージから救ってくれる。ジムニー、JB23、ピストンウィッツ

 

「ピストンウィッツ」のデモカーにも装着されるオリジナルのフェイスキット。パネル類、ランプ類一式のセット価格は13万8240円(税込)。

売れ筋のひとつでオススメなのが、背面スペアタイヤに被せるタイヤカバー。純正カバーよりも愛嬌があって親近感がわく。ジムニー、JB23、ピストンウィッツ

 

実用を兼ね、オフロードルックをつくり出すのにも効果的な牽引フック。フレームやスキッドプレートに装着するものなど多数ある。

 

【INTERIOR】

機能重視の硬派なインテリアメイク

オフロードがメインならば競技テイストに仕上げるのもアリだが、今回のテーマとなる”街ジムニー”では実用と快適をスポイルさせるワケにはいかない。
そこでインテリアの要となるのがスポーツシート。ジムニーで人気なのは『レカロ』とのこと。

デモカーには運転席&助手席に『レカロ』のシートを搭載。運転席にはスポーティな”Sportster”、助手席にはコンフォートな”LX-F”をセレクトなど、乗員に配慮したシート選びがいいだろう。

ジムニー、JB23、ピストンウィッツワゴン系のインテリアカスタムと同じように、「スズキ」の純正エアバッグを残した加工ステアリングがジムニーでも人気とのこと。

 

ジムニー、JB23、ピストンウィッツジムニー乗りの間ではパワーアップ系チューニングも旺盛。ブーストや温度管理など車両のコンディション把握はとても重要な要素だ。

 

ジムニーに多発するジャダーを解消するには?

ジムニー、JB23、ピストンウィッツジムニー業界やオーナーの間でよく知られているのが、フロントタイヤのジャダー現象。
“シミー現象”とも呼ばれている。これは、ジムニーのような4WD特有のリジッドサスペンション形状に見られる、ナックル周辺のヘタリやベアリングの破損によって、タイヤが「ガタガタ、ブルブル」と震え出すトラブルのこと。
ピストンの江頭サンいわく「ストッパーで改善されればラッキーですが、ジムニー専門店としては原因を突き止めて、根本的に修理することをオススメしています」。

ジムニー、JB23、ピストンウィッツジャダーストッパーは、いくつかのジムニーパーツメーカーからリリースされている。いわば、補強パーツのような役割。これも3代目ジムニーで装着しておきたいパーツのひとつだ。

 

ジムニー、JB23、ピストンウィッツ今回の取材に協力してくれたのが、兵庫県宝塚市にあるジムニー専門店「ピストンウィッツ」。
一般整備・修理・ドレスアップ&チューニングも任せて安心の認証工場で、コンプリートカー販売にも力を入れる。千葉県野田市にも系列ショップ「ピストンウィライズ」を構える。

 

ピストン ウイッツ TEL0797-83-6633
http://www.witz.co.jp/piston/


画像ギャラリー