BMW・M2クーペ史上最強の「M2 Competition」は410馬力エンジン搭載

BMW・M2クーペ史上最強の「M2 Competition」は410馬力エンジン搭載

BMWで最も小さいクーペに
M4譲りの3L直6ターボ搭載

BMWは、コンパクトなボディに高性能エンジンを搭載するM2クーペに、ボディ剛性および制動力を強化した新型『M2 Competition』の販売を開始した。価格は6速MTモデルが873万円、7速DCT車は898万円(ともに税込み)。右ハンドルのみとなっている。

新型M2クーペは、3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンを搭載し、最大出力302kW(410ps)/5250-7000rpm、最大トルク550Nm/2350-5200rpmを発揮。従来のM2にくらべ大幅なパフォーマンスアップが図られている。
この高性能エンジンのポテンシャルを最大限引き出すため、BMW M4と同等のラジエーターを採用し、オイル・クーラーを追加。冷却性能をアップしている。

さらに、カーボン・ファイバー強化樹脂を使用したストラット・ブレイズを採用することで剛性を強化。
大径のMスポーツ・ブレーキを装備することで制動力を強化している。

サスペンションは、ダンパー及びスタビライザーに専用設定した強化サスペンションを装備。DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロール)のセッティングや、シャシーにもチューニングを加え、高性能スポーツ・クーペに相応しい走行性能を実現した。

デザイン面では、フロントバンパー、キドニーグリル(ラジエータグリル)、ドアミラーのデザインを一新。
冷却性能の向上させるため大型化したエアインテークと共に、ハイグロスブラック仕上げのダブルバー・キドニーグリルは左右が連結したようなデザインを採用。ドアミラーには、空力性能を向上させるダブルリッジデザインのMミラーを搭載より、アグレッシブなフロントデザインが構築されている。

新型M2 Competition専用の19インチMライト・アロイホイールと、大径ブレーキディスクやグレー・メタリック仕上げのキャリパーが足もとを際立たせている。
これらの装備と共に、リアに配されたハイグロスブラック仕上げの『M2 Competition』バッジが、特別なモデルであるという個性を強調している。

BMW https://www.bmw.co.jp/


画像ギャラリー

第23回 CAR&CUSTOMIZE MOTOR SHOW 大阪オートメッセ2019 2019 2/9(土)、10(日)、11(月・祝) 9:00〜18:00 in インテックス大阪 〜 チケット好評発売中!