3000万円のAMG G65をローダウンさせる専用スプリングを開発

3000万円のAMG G65をローダウンさせる専用スプリングを開発

快適なローダウンを実現する専用モデルは
全長式ダンパーとの併用がオススメ

重心の高いメルセデス・ベンツ Gクラスは、コーナリングなどにおいてアンダーステアの傾向が見受けられる。それらを解決するべく「ボンドショップ浦和」が研究を重ねて開発。ついに専用のダウンスプリングを完成させた。
1979年に初代モデルが誕生したGクラスは、改良を加えながらも基本的なベースを崩さずにきた。今回のフルモデルチェンジをうけ、多くのオーナーやファンは歓喜しただろう。しかしながら従来型の販売も継続していくとのことなので、まだまだカスタムを楽しませてくれるはずだ。
そんな中、埼玉県に拠点を置くプロショップ「ボンドショップ浦和」より、Gクラス、しかも希少なG65オーナー待望のダウンスプリングが発売となった。G65 AMG、ローダウン、スプリング、ボンドショップ浦和
Gクラスのアンダーステア傾向を解消するには、車高を落とすことが得策なのだがタイヤやサスペンションアームのストローク量が確保できず、フロントアームとフレームが干渉してしまう恐れがある。さらにV12エンジンを積むG65に関しては、350d対比で約1.5cmほど車高が低く、さらに巨大なミッションを搭載するためにプロペラシャフトと干渉し、最悪ミッションとプロペラシャフトが破損してしまうこともあるそうだ。
スプリングを強化してアームの可動範囲を狭めることで解決することも可能だが、それだと乗り心地が極端に悪くなってしまう。

そこで「ボンドショップ浦和」では、スプリングの”レート強化”に着目。純正同レートが多い他社製品に対してハードレートサスを採用したのだ。G65の630PSものハイパワーにも耐えられるのはもちろん、しなやかな乗り心地を実現。また通常の材質よりも2段階上質な材料を使用することでヘタリにくくしている。写真の“IID全長調整式ショック(別売り)”と併用することでさまざまな乗り心地に調整が可能だ。G65 AMG、ローダウン、スプリング、ボンドショップ浦和

高速コーナーでの腰の弱さやロールの多さ、突き上げ、不安定さなど粗が目立つ従来型のGクラス。ボンドが提案する専用ダウンスプリングを装着することで、それらの不満を解消してくれるはずだ。

 

350d/G63/G65用スプリング ¥98,000+税

ホソカワコーポレーション http://www.hosokawa.co.jp/


画像ギャラリー