AMG43GLE&クーペのフォルムを際立たせるホイールでコーデとは

AMG43GLE&クーペのフォルムを際立たせるホイールでコーデとは

個性的なクーペフォルムにはあえて
シンプルデザインの24インチ大径ホイールで

クルマのスタイルアップにアメリカの空気感を巧みに取り入れてカタチにするのが得意とするのが、香川県高松市にある「アビスオートブティック」。
今回題材に選んだのはメルセデスAMG・GLE43クーペとGLE43の2台。同店では、この2台を大枠として同じ方向性を持たせた上でディテールにおいては、それぞれのキャラクターにフィットするように魂が吹き込まれていた。

まずGLE43クーペに選んだのは、アメリカ製ホイールであるアジオ『プレシジオーネFRM』。クーペの持つ流麗なフォルムは個性が強いため、足元に履くホイールはシンプルなデザインをチョイスした。10本スポークの3ピース構造ホイール『FRM』は、ブラッシュドを下敷きにスポーク内側は鏡面ポリッシュ。その上からクリアパウダーコートを施している。

またリアのタイヤハウスが大きなクーペだからこそ、リム幅をワンサイズアップした11.0Jのインストールが可能。タイヤサイズは引っ張らずに太さを表現するためと安全面も考慮した295/30R24。日本には未導入の「トーヨープロクセスSTIII」を逆輸入してセットしている。
また、ローダウンはモジュールのコーディングで実現。結果、クルマのよさがストレートに伝わってくるディテールを生み出した。

そしてGLE43には、同じくプレシジオーネの1ピースホイール『LDB』を履かせる。

ラフメッシュデザインを選ぶことで鈍重なイメージが軽やかにそしてシャープに進化。ホイール選びの妙でここまで変われるという好例を示してくれたのだ。

天面はブラッシュド、その他の部分は刃物の切削痕が見えるメカニカルな仕上げの『プレシジオーネLDB』。リムギリギリまで伸びる1ピースのラフメッシュが特徴だ。

 

ブローオフバルブ装着やECUチューンで
AMGエンジンのパフォーマンスをアップ

GLE43クーペは、コーディングによってエンジンパフォーマンスを向上。
ブローオフバルブの装着、エキゾーストシステムをセットすることで3リッターV6のビターボ(ツインターボ)のポテンシャルを引き出すことに成功した。アメリカでは一般的なブローオフバルブの装着。コレが功を奏したようで、出だしのトルクが上がったそうだ。他にもコーディングでオーバーブースト、トルクリミット解除などを行なった。

純正のマフラーエンドを外しアメリカ製の「マイスターシャフト」のマフラーを投入。開閉バルブ付きでリモコンでの操作は可能。20psのパワーアップが見込め、トルクもアップにも貢献する。
ノーマルでも瞬発力もあり、出だしのトルクも太いAMGエンジンをさらにパワフルな特性へと導いた。

見た目でのブラッシュアップはもちろん必要。しかし、走りへのこだわりが深いAMGだから、パフォーマンス面まで手を入れるとそれに応えてくれる。

AMGを真芯から楽しむメニューが「アビスオートブティック」にはあるのだ。

AMG GLE 43 Coupe
  • ホイール:AGIO SPORT WHEELS PRECISIONE FRM(11.0×24)
  • タイヤ:トーヨープロクセスSTⅢ(295/30)
  • 前後オーバーフェンダー:ボディ同色塗装(シボ取りツヤ有り)
  • リアトランクスポイラー:グロスブラック塗装
  • デイライト:コーディング
  • 足まわり:iiD・ロワリングロッド+コーディング
  • ブレーキパッド:クランツ・ジガ Plus
  • マフラー:マイスターシャフト
  • エンジン:レンテック・ブローオフバルブ、BMCパフォーマンスエアフィルター
  • 各部コーディング:オーバーブースト、トルクリミット解除、マフラーデザイン変更、パワーアップ
AMG GLE43
  • ホイール:AGIO WHEELS PRECISIONE LDB(10.0J×24)
  • タイヤ:ピレリPゼロネロ(285/30R24)
  • デイライト:コーディング
  • 足まわり:レンテック・ロワリングモジュール
  • エンジン:レンテック・ブローオフバルブ
  • BMCパフォーマンスエアフィルター

 

アビスオートブティック TEL.087-875-1212
http://www.abyssautoboutique.com


画像ギャラリー