「値段」や「デザイン」だけでスタッドレスタイヤ用アルミホイールを選んで本当に大丈夫?

「値段」や「デザイン」だけでスタッドレスタイヤ用アルミホイールを選んで本当に大丈夫?

スタッドレスタイヤを求めるユーザーの多くは、タイヤ銘柄や性能は吟味するのに意外にアルミホイールにこだわる人は少ない傾向にあります。そして、そのほとんどがセット価格の「安さ」や「デザイン」で決めてしまっているのが実状です。

ところが、アルミホイールは、クルマにとって重要保安部品です。
最近のクルマは、ハイパワーで車重も重たくなっていますので、もしホイールの剛性が低いと、走行中に歪みが出てタイヤは正確に路面を捉えることはできません。
そのような理由からも、ホイールの強度解析なども含めた開発技術や製品の品質管理は非常に重要です。

国内で販売されるホイールの95%が海外生産

じつは、日本で販売されているアルミホイールの95%が海外で生産されたもので、スタッドレスタイヤに限ってはほぼ100%が海外製と言っても過言ではありません。

MID

日本で販売されているアルミホイールの10%超の120万本/年を販売する「マルカサービス」も例外ではなく、生産工場は海外です。
しかし、同社では日本クオリティの「安心・安全」を提供するため、コーポレートブランド『MID(マルカ・インテリジェント・デザイン)』では、意匠(デザイン)のみならず強度や剛性も含めた機能性を両立するため、開発から設計、社内テスト、製品・品質管理に至るまで一貫して日本国内の経験豊富なトップクリエイターのもとで行う仕組みになっています。

MID

さらにマルカサービスでは、アルミホイールの原材料となるアルミ合金は、素材の品質で仕上がりが大きく異なってくるので、常にアルミ素材の質を一定に安定させ、さらに製造工程毎に、アルミ素材の温度管理までを徹底化。
このような工場まで管理を行った上で、独自にホイールの検査までする品質管理は、同社のトップモデル『RMP』や『ナイトロパワー』からスタッドレスタイヤとセット販売されている量販モデルに至るまで分け隔てなく行われています。

見た目と機能性を両立する「錆び対策」

ホイールの開発から手掛けることで、スタッドレスタイヤ用アルミホイールとして重要な性能である「錆対策」も可能としています。

まず、塩カリを含んだ融雪剤の捲かれた道路を走行することを前提に、塩水噴霧試験1000時間、CASS試験(塩化ナトリウムと酢酸、鉛の含まれた水溶液を噴霧する)240時間をクリアできる高い耐久性を確保。いつまでもホイールの美しさを保つことができます。

また、ホイールと車体との締結面にハブ部から外周部へとつながるウォーターラインとなる水路「水抜き形状」を採用。センターキャンプから進入してきた水分がホイール内部に溜まり、ハブまわりが錆ることを防ぐことができるわけです。とくに融雪剤を含んだ水分は錆を誘発させるので、ここの水分を抜くことは非常に重要です。

MID

また、ランフラットタイヤ装着車用として、タイヤの空気圧を検知するセンサーバルブ対応モデルもラインアップ。

MID
さらに、トヨタやレクサスのように平面座のナットにも対応したモデルを設定することで、ホイールを換えることでナットも買い増す負担を軽減しています。

そのほかスタッドレスタイヤ用の量販モデルにも、フローフォーミング製法やスポークとリム結合部の裏側から減肉させるアンダーカットといった、アルミホイールとして軽量かつ強靱な性能を両立する日本の技術が惜しみなく投入されています。MIDこのような技術や製品管理をしている証しとなるのが『MID』です。
センターキャップにもプリントされているので、購入するときは要チェックですね。

安心・安全の「MID」ホイール・ラインアップ

では、自動車パーツ量販店でよく見られるMIDホイールの代表的なモデルを紹介しましょう。スタッドレスタイヤとセットで販売されていることも多いので、きっと記憶にあるはずです。

【ユーロスピードG52】

飽きのこない10スポークデザインを採用。スポークはリムエンドまで伸びているので、サイズ以上の大径感を実現する。センターはコンケーブで立体感のありドレスアップ効果も高い。

MID
防錆対策/アンダーカット軽量/水抜き形状採用/センサーバルブ対応(16〜18インチ)

カラー:メタリックグレー
サイズ:12×3.50B〜18×8.0J
P.C.D:110mm、114.3mm
価格:¥13,500〜¥34,000(税別)

【ユーロスピードG10】

センターから放射状に伸びる普遍的10スポークデザインを採用。さらにスポークがリムオーバー形状のため大径感を演出する。センター部分のスポークサイドディテールも特徴的だ。


防錆対策/センサーバルブ対応(16〜18インチ)

カラー:メタリックグレー
サイズ:12×4.00B〜18×8.0J
P.C.D:100mm、114.3mm
価格:¥14,000〜¥34,000(税別)

【シュナイダーSQ27】

細身のツインスポークを採用するエレガントなデザインを採用。フローフォーミング製法による軽量かつ高強度リムを実現。さらに「アクアクーリング(急速冷却)」で結晶粒の均一化などによって、バラ付きのない強度を実現。軽量化にも貢献している。


フォーミング軽量/アクアクーリング/アンダーカット軽量/防錆対策/水抜き形状採用/センサーバルブ対応

カラー:メタリックシルバー、メタリックブラック
サイズ:12×4.00B〜18×8.0J
P.C.D:100mm、114.3mm
価格:¥14,000〜¥34,000(税別)

【レフィナーダ・モーション1】

レクサス専用モデルに相応しい、ハイパー塗装やブラッシュドフィニッシュなどプレミアム感のある表面処理を施す。ホイールサイズ設定は17インチから20インチまで。P.C.Dやインセット、ハブ径もレクサス用のみをラインアップする。

防錆対策/水抜き形状採用/センサーバルブ対応/フローフォーミング(20インチ)

カラー:ブラッシュドフィニッシュ
サイズ:17×7.0J〜20×8.5J
P.C.D:114.3mm、120mm
価格:¥37,000〜¥58,000(税別)

高品質なアルミホイールなのにナゼ低価格?

アルミホイールの基本性能は、前述したように開発・設計はもちろん、製造段階および完成品に至るまでの製品管理で決まってきます。
MIDホイールは、何度も紹介してきたように高い品質を有しています。

しかし、スタッドレスタイヤとセット販売されているホイールの市場価格はかなり安めです。
そんな価格設定が可能となると「本当に大丈夫?」と疑いを持ってしまうことでしょう。

じつは、上位モデルと量販モデルで大きく異なるのは、ホイール表面の処理です。

上位モデルのホイールは、塗装を何層も施し、光沢感を出すためのダイヤモンドカット、さらにはブラッシュドなど、ドレスアップ効果を高める付加価値のある工程を経て製品化されているのです。

一方、量販モデルはコストを抑えるためにほぼ単色塗装なっています。ダイヤモンドカットなどの切削加工もほぼ施していません。さらに1モデルでラインアップするカラーは、ほぼ1色とシンプルな設定です。

このような企業努力もあって、市場での低価格が実現しているわけです。

おそらく自動車パーツ量販店などの店頭には、さまざまなホイールが陳列されていて、どれが安全・安心を約束する「マルカサービス」の『MIDホイール』か見分けるのは大変かもしれません。

そのようなときは「日刊自動車新聞用品大賞2018受賞」と書かれた『MID』のロゴが入ったポップを目印にして選んでほしい。

マルカサービス https://www.marukaservice.com/


画像ギャラリー