ドライブレコーダーも4K時代!超高精細録画でナンバープレートもクッキリ

ドライブレコーダーも4K時代!超高精細録画でナンバープレートもクッキリ

業界最高レベルの解像度を実現!

 ドライブレコーダーなど自動車関連電子機器を製造販売をする「データーシステム」が、千葉県幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2019」に出展。最新鋭プロセッサ、CMOSセンサーを搭載して業界最高レベルとなる4K(3840×2160)解像度を実現したドライブレコーダー『DVR3400』を発表した。

 ハッキリ言って、ドライブレコーダーにとって、万一のときに必要な記録を残すという本来の性能を高める上で高画質化はメリットしか見当たらない。
 データシステムが発表した『DVR3400』で録画した、ハイビジョンの4倍という超高精細録画『4K』とフルハイビジョンの比較映像を見てしまうと、その理由がわかるはずだ。
 映像自体のクリア感はもちろんだが、ナンバープレートを拡大した映像では、その鮮明度が明らかに異なるのだ。しかも、F値1.8の7層ガラスレンズを採用することで、夜間の映像もハイレベルの画質を実現している。
 このように『DVR3400』の4K映像化は、もしものときの事故で、相手車両などのナンバープレートを確実に記録できるというのは、ドライブレコーダー本来の性能を正常進化させたといえるだろう。また、車線逸脱など車両のふらつきを検知したとき、アラーム音で警告するシステムも搭載している。
 発売は2019年中を予定しているという。

 このほか、フルハイビジョンを上回るWQHD(2560×1440)高細目録画を実現する2WAYドライブレコーダー『DVR3200』も参考出品。まさに時代は、ドライブレコーダーの高細目録画が常識となっている。ちなみに、『DVR3200』はリヤ用カメラがオプション設定されていて、後続車の煽り運転の記録も撮れるのが魅力だ。

 このほか1個のリヤカメラからアラウンドビュー(クルマを真上から見たようなイメージ映像)をモニターに映し出すシステムやレクサスLS用の純正エアサスをコントロールして車高を変化させるシステムも参考出品されていた。

 


画像ギャラリー