無限がホンダ・シビックの超過激コンプリートカーを発表!

無限がホンダ・シビックの超過激コンプリートカーを発表!

市販化を目指して開発中のタイプR

 2019年1月11日から幕張メッセで開催されている「東京オートサロン2017」のホンダ&無限ブースには、話題の軽商用車N-VANをカスタマイズしたコンセプトモデルからシビック、NSXといったスポーツカーまでが勢揃い。

 そのなかでも注目というか、今後に期待したのが「CIVIC TYPE R MUGEN RC20GT Package Pre Production MODEL」だ。  過激なデザインのカーボン製パーツを纏ったこのデモカーは、昨年のオートサロンに出展された「MUGEN RC20GT TYPE R CONCEPT」を市販化に向けて、サーキットで実際に走り込んでブラッシュアップしたもの。つまり走行性能もデザインも、より現実的な提案になっている。

 ホンダ車のアフターパーツブランドである「無限」は、そのほかにも用品装着車を披露。RC20GTから生まれたノウハウで開発されたパーツを装着した「MUGEN CIVIC TYPE R Prototype」をはじめ、「MUGEN INSIGHT」「MUGEN CR-V」「MUGEN N-VAN」などを出展している。

 一方、ホンダのブースではF1マシンをはじめ、SuperGTやスーパーフォーミュラなどモータースポーツ関係の展示には多くのファンが集合。市販車ではN-VANのカスタマイズバージョン2台が注目を集めていた。 1台はバイク好きで知られるチュートリアルの福田充徳さんがプロデュースに参加したモデルで、レッド基調のカラーリングやバイクの搭載を前提にしたカスタマイズが施されていた。

 ほかに市販モデルでは、昨年10月から受注を介ししたんNSXの2019年モデル、同じく12月にリリースされたばかりの新型インサイトも展示されていた。スーパーカーのNSXはこの日、運転席に乗車できるということで、順番待ちの長い行列ができていた。

 そしてホンダ&無限ブースで、ちょっと面白いものを発見。無限サイドのエントランス部分に立ちはだかっている2足ロボット風のアートで、その名を「神眼」という。

 よく見ると、スーパーGTやスーパーフォーミュラといった4輪のレーシングマシンや、同じく2輪のレーサーのパーツで構成されている。左手で持って体を支えている杖のようなものはGTマシンのエキゾーストだそう。
 一見するとガラクタの寄せ集めのようだが、無限のデザイナーがちゃんと設計図を描いたうえで制作した本気のアート作品。きっちり直立させるのには、少なからず苦労があったらしい。

「神眼」というネーミングの由来は、無限が現在挑戦している電動バイクレーサーが「神電」というのと、4輪も含めて最近は「眼」のデザインをマシンのカラーリングに採用しているからだそう。 何の説明もないので見逃しがちだが、オートサロンでホンダ&無限ブースに立ち寄ったら、ぜひご覧いただきたい作品だ。

 


画像ギャラリー