200万円以下の「中古SUV」6選!アウトドアで最適な現行モデルも買える

200万円以下の「中古SUV」6選!アウトドアで最適な現行モデルも買える

人気モデルは流通量が多く選択肢が多くなる

 春の後楽シーズンを前に「アウトドアシーンで使いやすいSUVを買おう」と考えている方もいることだろう。しかし新車価格の高額化もあり、なかなか手を出しにくいのも事実。そこで200万円以下で購入できる中古のSUVを探してみると、意外にも現行モデルも候補に入ってくる! アウトドアでの使い勝手を重視して選んでみた。

 

●日産エクストレイル(現行モデル)アウトドアで使い勝手の良好な200万円以下の中古SUV

 アウトドアで使うなら車内の汚れに対する強さや防水性能は重視したい要素の1つだ。この点を考えると歴代から防水対策がなされているシートやフロア、ラゲッジスペースを持つエクストレイルは外せない存在だ。新車が売れているクルマだけに、流通台数は多く中古車なら120万円程度から現行モデルも選べる。さらに予算内の200万円までで3列シートやハイブリッドなど好みの仕様が選びやすいのも嬉しいポイントだ。

 

●ホンダ・ヴェゼルアウトドアで使い勝手の良好な200万円以下の中古SUV

 アウトドアに使うなら「ボディはコンパクトな割に広い」という面も重要になる。そのような武器を持つのがヴェゼル。1.5リッターガソリンのFF車に限れば200万円以下でほぼ新車と言える。ホンダセンシング(運転支援システム&自動ブレーキ)付きも含めそれなりに流通しており、総合的なコストパフォーマンスは高い。

 

●マツダCX-5(先代モデル)アウトドアで使い勝手の良好な200万円以下の中古SUV

 アウトドアを楽しもうとする際には長距離を走ることが多い。これを考えると、低燃費なうえに日本では軽油も安いので、総合的な燃料代が安く済むディーゼル車は有難い存在だ。200万円以下の中古SUVでその筆頭に挙がるのはやはりCX-5の先代モデルだ。CX-5も新車が売れただけに中古車の流通量も豊富で、価格は120万円程度からと買いやすくなっている。燃料代だけでなく動力性能の高さも含め魅力的な存在だ。

 

●三菱アウトランダーPHEV(初期型)アウトドアで使い勝手の良好な200万円以下の中古SUV

 アウトドアの調理や泊まりなどで、クルマからの電気が使えたら非常に有難い。その条件にピッタリ当てはまるのはアウトランダーPHEVだ。初期型なら150万円程度から流通しているので候補に入れたい1台だ。

 アウトランダーPHEVの給電機能はアウトドアで役立つだけでなく、設備を用意すれば家庭への電力供給も可能。起きては欲しくない災害の時にも燃料が続く限り使えるので、そんな時にも大活躍してくれる。さらにそもそもプラグインハイブリッド車なので、自宅に充電環境があれ人でなら平日の買い物や通勤といった短距離走行なら、静かでスムースな電気自動車として使える。仮にバッテリーの充電切れとなっても、エンジンで発電できる電動車、ハイブリッドカーになるので燃費も良好。日本で買えるクルマ全体でも5本の指に入る万能車という魅力も持つ。

 

●スバルXV&フォレスター(先代モデル)アウトドアで使い勝手の良好な200万円以下の中古SUV

 アウトドアに使うSUVとして「最低地上高の高さや4WD性能の高さといった悪路走破性を重視したい」というなら、スバルのSUVは外せない。200万円以下の中古車という条件でも先代モデルならXV、フォレスターがどちらも120万円程度から流通している。

アウトドアで使い勝手の良好な200万円以下の中古SUV

 その上で、200万円までで探し出せる先代フォレスターには現行モデルにはない2リッターターボもあり、この中古車もターゲットに入る。

 しかもXVとフォレスターなら先代モデルでもスバルの基幹技術の1つになっているアイサイト(運転支援システム&自動ブレーキ)付のクルマが非常に多い。この世代のアイサイトは、現代でも十分以上の性能を備えているので、安心、安全、快適に移動できるSUVとして候補に入れる価値は大きい。


画像ギャラリー